20年

阪神淡路大震災から20年かぁ。
個人的に20年前と今で、一番人生で違う変化があったといえば、定職に就いた事、結婚した事、モジュラーおじさんになってしまった事、ぐらいか。
、、、とまぁ、半分冗談はさておき。
 
それまで関西は地震は少なかった。
というか体に感じる地震なんて、年間数件有るか無いかってな感じで、地震になんて個人的には全く意識も関心も無かった。
これが東京とかだと、遥かに体に感じる地震の回数は多いだろうし、また違う意識になるんだろうけど。
 
たまーに、微妙に揺れて、「おお、、、おぅ?」って。
 
それが、あの日から確実に変わった。
 
なんて言うのかね。
今の職場なんかもそうなんだけど。
あきらかに古い建物とか、パッと見た感じで阪神淡路大震災クラスの揺れが来たら、「保たないな」と感じる建物とかね。
感覚で根拠無いけど、無意識に判断する時があったりして。
まぁ、あの「揺れ」をリアルに、今だ体が覚えているからね。
「揺れ」っていうか、体が振り回されている感覚。
すると、今、揺れたら、、、ここに逃げれるかなぁ、とかね。自宅でも、あの揺れのクラスが来たら、この空間になんとか逃げれるかなぁ、とかね。そういうのは考えるようになった。
 
今の職場、たぶん震度5クラスで半壊はすると感じてるし。
 
地震の統計というか、そういうのが科学的に記録され初めてから、阪神淡路大震災が初めて「震度7」という、最強の揺れを伴った地震だったんだよね。
それ以後、「震度7」を記録しているのは、新潟県中越地震、そして東日本大震災。
 
この20年で、「震度7」という最強クラスの地震が3回、この日本で発生している。
 
100年に1度、、、っていう決まり文句なんて可愛いもんですよね。
 
——————–
 
阪神淡路大震災。
私は大阪に住んでますから、被害といって「今まで経験した事の無い揺れ」、「一時的な断水、停電」、「棚からモノがばさばさと落ちて来た」、、、という被害というレベルでは無い話ではあるのですが、それでも十分過ぎるぐらいの経験だと。
 
「揺れ」っつうても、「うわ、揺れてる、大きい、地震だ!!」っという、一般的なプロセスが吹っ飛ぶ、そういう「揺れ」なんですよ。大阪に住んでいた私でさえ、吹っ飛んでいた。
揺れてるんじゃなくて、体ごと吹っ飛んでいきそうな状態。歩けないし、何かにしがみついてないと、まず立つ事すら不可能な状態だった。
部屋中の、モノというモノがぶつかり合って、もの凄い騒音と化していた。
 
けっこう長く揺れてたよね。
ガバっと反射的に立ち上がって、そのままタンスにしがみつく感じで、あとは頭ん中は真っ白だったと思う。
 
揺れが治まって、フト目線をTV台の方に向けると、ビデオデッキのデジタル時計が消えてる。あぁ、停電だなぁ、と。
隣に年配夫婦が住んでらしたので、とりあえず声を掛けに行ってみたら、お二人は大丈夫だったんですけど、部屋のタンスが倒れていた。寝室には使ってない部屋だったので、怪我は無かったようでしたが、このタンスの下敷きになっていたらと思うと、ゾッとした。
戻って来て、とりあえずラジオを付けてみる。地震が発生して、まだ10分も経つか経たないかなので、具体的な情報は流れて来ない。とにかくワーワー騒いでる感じに聞こえるラジオ。
 
着替えて部屋とか整理を始めていたら、「えっ?!」と耳を疑うようなニュースがラジオから聞こえた。
 
「阪神高速が倒壊している模様」
 
はぁ?
どういうコト?
 
全く想像出来ない。
 
幸い、停電や断水は一時的なものだったようで、直に使えるようになった。
TVを付けて、あの阪神高速が、ずわーっと倒れている映像を見た時は、さすかに「これは大変なコトになってる」と。
 
3週間ぐらい後になってから、友人と三ノ宮に入ったんですよ。
まだ直通の交通機関が復旧してなかった。
臨時バスと阪神電車、 JRを乗り継いで。確か大阪から3時間ぐらい掛かった記憶がある。普段なら、JRの新快速で大阪から30分も掛からない距離なのに。
だるま落とし状態のビルや、Vの字に折れ曲がった道路、、、歩いていて妙な感覚になって来てね。
友人と、「あのビル、傾いてるよなぁ」とか話をしていて、「いや、奥のビルが傾いてるんじゃないの」とか。で、あっ、、、と思って。
今、歩いてる道自体が既に「傾いて」いるんですよ。もはや、どれが正常かなんて判断出来ない。平衡感覚が麻痺してる。
 
一ヶ月後ぐらいだったかな。
当時、大阪共立という会社で、音響関連のアルバイトしてたんですよ。
TV番組とかイベントやコンサート等で、音響関連の仕事。
大阪読売テレビの番組の仕事も幾つかやってて、ある日、震災報道で現地入りしているスタッフが休み無しで動いてるから、助っ人で1日変わってやって欲しい、という仕事が入って来て。
それで、読売テレビで報道部の人達と、再び三ノ宮へ行く事になってね。
一ヶ月ぐらいは過ぎていたけど、今だ陸路はままならないというか、救援物資や緊急車両が優先という事で、なんと大阪港から船で三ノ宮に入ったんですよね。
ニュース番組の生中継等で、音声のサブで動いてた。
昼間のニュースで、まだ読売テレビのアナウンサーだった、辛坊治郎さんがリポートで来てて、避難所の学校からの中継の準備してたんだけど、辛抱さんの顔は知られているから、避難所の方々が「ちゃんと現実を報道して欲しい」と、詰め寄っていたのを覚えてる。
 
夜のニュース、、、22字ぐらいの中継だったかな。
山の方を登った高台からの中継という事で準備してたら、イノシシ親子と出会ったりしてたんだけど、その頃は20時ぐらいで、アナウンサーの方も「神戸の街明かりが戻って来た感じを伝えたいですね」なんていう話をしてたんですけど、いざ本番の22時ぐらいになった時、けっこう街中の明かりが消えてて(爆)、、、
 
夜は三ノ宮の港に大きな船、、、貨物船か何かだと思うんですけど、そこに日本全国や海外から来た報道陣等が寝泊まりしていました。私もそこで一泊。
次の日の午前中までのニュース中継の手伝いをして、大阪に戻ったのですけど。
 
——————–
 
20年、経っちゃいましたが。
仕事で遊びで、三ノ宮方面には、ちょくちょく行きます。
神戸一の繁華街、三ノ宮は華やかですが、尼崎や芦屋といった住宅街を通ると、「あれ、この空間、なんだったんだろう」的な場所が、まだあります。震災前、ここには何があったのだろう、と。
 
地震も含めて、よくもまあ、こんな小さな国で、次から次へと自然災害が起こるものだな、と。
そこからの経験値は世界一だとも思う、皮肉な話ですが。

2014年

2014年。
なんとか頑張らずに今年も終わる事が出来そうです。
来年も、出来る限り頑張らずに1年を乗り越えたいものです。
 
というのは半分、冗談という事で(笑)
 
2014年。
「モジュラーフェスティバル」に始まり「モジュラーフェスティバル」に終わった1年になったような気がします。
また、特に形として残すような作品も作ってない私が、沢山のライブやイベントに参加させて頂きました。その一つ一つのイベント出演について、出演する側としての責任を感じる、そういう良い意味でのプレッシャーといいますか、そういうレベルを望まれている期待されている、という事を考えさせられるイベントが多かったように思います。
 
本当に、ありがたい話です。
 
そして、これまでにないぐらい、沢山の色々なジャンルで活躍されている方々と知り合えたり、特に「モジュラーフェスティバル」では、あまり人付き合いが得意ではない私が、言い出しっぺという事で、沢山の方々に御協力頂きました。段取りが悪く、色々とご迷惑掛けてしまった事も多かったと思いますが、みなさんに参加して頂き、総力戦(笑)で作り上げたイベントでした。
 
うん、まぁ。
特に今年の「モジュラーフェスティバル」は、全てが真剣勝負、というと大袈裟ですが(笑)、ホント胃が痛くなるぐらいにやってた。
もはや「モジュラーシンセ」とかは、どーでもよくて、もっと上のレベル。電子音楽としてのイベント、音楽としてのイベント、エンターテイメントとしてのイベント。誰でも遊びに来てもらって、「楽しかった」と思えるイベント。
もう書き出すと、色々な想いがソコにあるので、書かない事にしますw
書くと、また音楽仲間に手厳しく怒られると思いますので(爆)
 
今年、一つ一つのイベントを振り返ると、もう書き終わらなくなるのでw、全部まとめて(爆)
 
2014年、沢山のみなさんにお世話になりました。
2015年、また一つ、モジュラーおじさんをよろしくお願い致します。
 
2015年、新しい企画のイベントを始める予定です。シリーズで3,4回やるつもりです。
各回で、既にコンセプトと出演して頂きたい方々の名前も、頭の中にあります。
実現できるかな、どうかな。ぼちぼちやっていきます。
広い意味での電子音楽の、ミニミニなイベントです。こぢんまりとやれたらいいな、と。
 
さてさて、どうなりますやらで(笑)

蒲生四丁目周辺のお店

わが町、蒲生四丁目。
ここ1,2年で、素敵なお店がチラホラとオープンしてるんですよね。
所謂、空き家を利用した古民家再生プロジェクトのような事もやってるっぽいので。
 
この1,2年でオープンしたお店だと、、、
リンク先は、メンドクサイので「食べログ」に統一してます(笑)
 
よく週末にランチで行くカフェ
http://tabelog.com/osaka/A2701/A270305/27064546/
http://tabelog.com/osaka/A2701/A270305/27073668/
 
今年12月にオープンしたばかりのピッツェリア&トラットリア
http://tabelog.com/osaka/A2701/A270305/27082997/
↑昨日、初めて行って来ました。以外と店内は広々としていて、自然光が明るいです。釜でピザを焼いているので、出来立てです。ランチやディナー共に、普段使い出来る感じで良い雰囲気でした。
 
こちらも12月にオープンしたばかり、カフェを併設したアロマ&ティー
https://www.facebook.com/andshu2014
まだ食べログには載ってなさそう。
(本日、偵察に行って来ようw、って開いてるかな)
 
以前からあるお店で、よく行く、たまーに行く、1回は行った事あるのだと、、、
パン
http://tabelog.com/osaka/A2701/A270305/27019554/
http://tabelog.com/osaka/A2701/A270305/27065391/
http://tabelog.com/osaka/A2701/A270305/27065788/
スイーツ
http://tabelog.com/osaka/A2701/A270305/27063441/
http://tabelog.com/osaka/A2701/A270107/27014707/
カフェ系だと
http://tabelog.com/osaka/A2701/A270107/27030130/
http://tabelog.com/osaka/A2701/A270305/27018702/
http://tabelog.com/osaka/A2701/A270305/27051570/
http://tabelog.com/osaka/A2701/A270305/27048403/
インド料理
http://tabelog.com/osaka/A2701/A270305/27017442/
洋食
http://tabelog.com/osaka/A2701/A270305/27046460/
焼き鳥
http://tabelog.com/osaka/A2701/A270305/27021522/
焼き肉
http://tabelog.com/osaka/A2701/A270305/27023210/

http://tabelog.com/osaka/A2701/A270305/27045111/
ラーメン
http://tabelog.com/osaka/A2701/A270305/27074736/
http://tabelog.com/osaka/A2701/A270305/27004983/
お好み焼き
http://tabelog.com/osaka/A2701/A270305/27005030/
 
まだ行った事が無いずら、なお店
カフェ
http://tabelog.com/osaka/A2701/A270305/27053081/
韓国料理
http://tabelog.com/osaka/A2701/A270305/27076030/
馬肉
http://tabelog.com/osaka/A2701/A270305/27082527/
 
この他、ちょろちょろと。
あ、あと、炭火焼肉たむら本店があります(笑)

お久しぶり、う〜にゃ

相変わらずですが(笑)

unya20141213_01

で、動画。

まずは、長野県は信州、伊那から届いた林檎に夢中。

かなり夢中です、、、というか贅沢ですね(笑)
中心の蜜もたっぷりで、とても美味しかったです。

もう一本。


寝る合図のようなんですね。
夜、ご飯食べたり、遊んだりして、「もい、いいや」って感じになると、自分でケージに入って鈴を鳴らしに行きます。
こうなると、もう遊んでくれません(笑)

そして、たまーに空振りしてますが(爆)

ちょいと尾道〜広島へ

そんなこんなで、尾道広島へ行って来ました。
なんだか3年連続です(笑)
でも、それ以前から何かとご縁というか、たぶん日本の48都道府県で関西圏を除いて、一番数多く訪れてる土地なんじゃないかと思います。
初めて訪れたのは、たぶん小学生か中学生での修学旅行だと記憶してる。たぶん小学生かな。
それから、専門学生時代には広島国際アニメーションフェスティバルのお手伝いで、開催期間中は広島で泊まり込みしてた。色々な国の監督さんや作家に出会えて、とても刺激的だった。
2年連続で広島のイベントに参加させて頂いてライブとか。

日本国内で好きな土地は幾つかあって、保養地的な意味では、北海道・礼文島(2回訪れてる)と、長野県・駒ヶ根〜伊那。
で、移住してそこで仕事みつけて生活する、という意味では、石川県・金沢、広島、熊本、なんですね。
この計5つの土地は、本当に好きなんです。

今回は、まだ一度も広島を訪れた事が無いという妻に、そりゃアカンやろ、という事で行く事になった次第であります(笑)
妻が参戦するので、主目的は食べる事になるわけですが(笑)、事前情報で教えて頂いた店も、少し行く事が出来ました。

まずはラーメン(笑)
尾道より乗り換えで降りる福山の方が時間的にも良かったので、福山駅前にある「尾道ラーメン 一丁」に。

hiroshima2014_0927-28_01

醤油ベースに背脂なスープ。でも、見た目よりはサッパリ感。
なかなか美味しいし、大阪だと塩ベースのラーメンが多いので、新鮮でした。単品で唐揚げも注文したのですが、どうやらチャーハンの方が有名らしい、、、選択誤ったか、、、(爆)

尾道は去年歩いた同じコースの半分ぐらいを歩いたのですが、去年は1匹しか出会えなかった猫なのですが、今回は次々と現れました。

hiroshima2014_0927-28_02

hiroshima2014_0927-28_03

hiroshima2014_0927-28_04

hiroshima2014_0927-28_06

たぶん、10匹以上は見たと思います。
で、この2匹の写真なんですが。

hiroshima2014_0927-28_05

どうも右側の白い猫(首輪してて飼い猫のようでした)が、茶色猫の寝っ転がってる場所で涼みたいらしく、「ニァア」と優しげに囁くように鳴いてたんです。

「ちょっとね。どいてよ、ね」

こんな感じ。
それに対して、茶色猫が敵意剥き出しで、「フーっ!!」、「ニァアアああっ」と猫パンチで威嚇。
体の大きさも、けっこう違ってて、白い猫の方が一回り大きい。

白い猫、おかまいなしに「ニャア」

「ねえ、どいてよ」、と余裕の構え。

茶色い猫、もうビビリまくりで威嚇の連発。
しまいに、茶色い猫に背中向けて、隣で座り込む白い猫。
茶色い猫にしてみたら、たっまたもんじゃありません(笑)

ギュラリーの私達をよそに、一触即発な状態に(笑)

このオチが知りたくて、私達も粘る(爆)
すると、白い猫が「めんどくさいなー」みたいな雰囲気で立ち上がり、私達の方へ降りて来た。

しかたないので、白い猫をナデナデする私達(笑)
この白い猫、大物に違いない(爆)

猫同士の喧嘩にならない喧嘩を後にして、先へ進む。
千光寺山ロープウェイで展望台へ。

hiroshima2014_0927-28_08

hiroshima2014_0927-28_07

帰りは歩いて下山、、、というほどの感じでも無いんですけどね。道も整備されてますし歩き易いです。でも、上りを歩くのは、それなりに辛いので(笑)。上りはロープウェイで下りは歩いて千光寺に立ち寄る、というのが定番コース。

hiroshima2014_0927-28_09

途中に、尾道のシンボル「千光寺」に立ち寄り、下りていると地元の人らしいおじいちゃんと遭遇。
尾道の古い話を色々と教えてくれました。
志賀直哉の作品の話の中で、その時代に生きた人の目で見た尾道の風景が作品の中に収められていると思うと、なんとなく読みたくなって来る感じで不思議です。

下山途中で一つ残念だったのは、「梟の館」というカフェがお休みだった事。ここ、なんかトトロの世界に出て来そうな場所で、雰囲気が凄いんです。去年もたまたま入って気に入ったので、今回も楽しみにしていたのですが、臨時休業。。。でも、その近くにあった「尾道ハーブ園 ブーケダルブル」というカフェに入ったのですが、これまたなかなか隠れ家的で良かったです。

ロープウェイで折り返して駅に戻る途中、フェイさんからの情報でアイスモナカが有名な「からさわ」に立ち寄り、モナカをゲット。とろけるようなアイスが凄く美味しい。

hiroshima2014_0927-28_11

広島には夕刻に到着。
一度ホテルにチェックインしたところで、御嶽山の噴火のニュースを知って、何事か、と驚く。。。

夜は沖本さん情報で、「ほりかわ」に向う。

新鮮な魚料理が自慢のお店。
ここで小いわしの天ぷらと牡蠣が、妻の衝撃(笑)
牡蠣の身が濁ってなくて透明。これは、なかなか大阪では見られない。

hiroshima2014_0927-28_12

小いわし、本当は刺身が食べれたら良かったんですけど、天ぷらしか無かったみたい。でも美味しかった。

hiroshima2014_0927-28_20.jpg

日本酒も、けっこうレベル高いものを置いてたので、凄く良いお店だなぁ、と。
でも残念かな、今回の旅行では小いわしの刺身は食べれなかった。

そのままひっそりとライトアップされた夜の原爆ドームへ。
初めて観る原爆ドームを前にして妻が、「(福島第一原発事故を差して)同じ事ばっかりやってるよねぇ、、、」と、ポツリ。

次の日、優雅にホテルで朝食。
(個人的に、これが旅の楽しみだったりw)

hiroshima2014_0927-28_13

で、22年ぶりなる厳島神社へ。

hiroshima2014_0927-28_15

hiroshima2014_0927-28_16

中に入ると、何やら雅楽?、のような演奏が聴こえて来て、最初はテープか何かで音を流しているのかなと思っていたら、ちょうど結婚式をやってて、生演奏でした(^^; 外国人観光客には凄い場面でしょうね。

hiroshima2014_0927-28_17

もっと時間があれば、ここでもロープウェイとか乗って散策したいところなのですけど、お昼過ぎには広島市内に戻らないと。

広島市内に戻って、お昼はお好み焼きでしょ、という事で、八丁堀の「みっちゃん」に行ったんですけど、やはり凄い行列。
試しに電話で、そごう店に電話して聞いても45分待ち、という返答。

こりゃ駄目だと思って、とりあえず先に再び原爆ドームと爆心地、平和記念公園に向う。
いつも原爆ドーム前で、資料と共に色々と当時の状況を説明されているボランティア?の方々が用意している資料に釘付けになる妻。
そのまま平和記念公園に入って、資料館へ。
平成30年まで改装工事中との事で、今は東館の資料が観られない状況だった。
私もそうだったし、妻も広島の原爆の現実で子供心に一番衝撃を受けた1枚の写真。
人の影が石に焼き付いた写真、その本物が展示されているわけですが、妻が初めて目にする事になる。

平和記念公園を後にして広島駅に。
さすがに15時という事で、新幹線側にある「みっちゃん」広島新幹線名店街店に行くと直ぐに入れました。遅い昼御飯。

hiroshima2014_0927-28_18

そして、お約束の生もみじ

hiroshima2014_0927-28_19

お疲れ様でした(笑)

どうもどうもです

どうもどうもです。
ブログの方はご無沙汰であります。
なんと言いますか、普段のどーでも良い愚痴(笑)はtwitterで呟いてたり、何かちょこちょこっと考え事とか思う事があれば、facebookに書き込む事が大半になり、写真もinstagram経由でアップする事が多いので、全くもってブログ放置状態です。

どうしてもブログだと、書く事をある程度整理したりまとめたりする感じがあって、そういう行程がメンドクサクなって来て(笑)、気軽に書き込める方に流れてしまうわけで、、、
 
まぁ、たまにはブログもアップしますけど、よろしければtwitterやfacebookも覗いて下さいませ。
 
facebookは基本的に、具体的に面識の有る方や、それなりに共通点の多い方のみフレンド申請許可していますが、そうじゃなくても何かしらコメント頂けたら対応もさせて頂きますので、よろしくです。

和室

うちのマンション、新築で入って今年で14年目。
去年は大規模修繕工事があったんですけど、部屋の中も、それなりに綻びて来ました。

そこで、畳と襖を新調しよう、という事になり、、、

こんな感じになりました。

RIMG0011
Continue reading

フライヤー巡礼〜その一

土曜日、できたてホヘホヘのフライヤーを置いて頂く為、巡礼の旅に。
いやぁ、久々にイイ運動でした(笑)

ModularFes04_Flyer_L
http://kansai.modular-synth.com/

どうしても動線とお店オープン時間の関係から、京都と心斎橋、天満のimplant4さんは日曜日に伺う事にして、まずは梅田巡礼。

巡礼地の中で一番早い時間にオープンするのがナカイ楽器さんだったので、まずはナカイ楽器さんスタート。
Continue reading