シンセ温泉 presents ”サワサキヨシヒロ&N.G.E.O.”「エレクトロスパウト!」リリースライブ

<シンセ温泉 presents “サワサキヨシヒロ and NGEO(Naturally Gushing Electric Orchestra)”「エレクトロスパウト!(electrospout!)」リリースライブ>
 

 
サワサキヨシヒロが2007年から始動している温泉的音楽&映像プロジェクト「Naturally Gushing」。そのエレクトロニクスユニット”Naturally Gushing Electric Orchestra(NGEO)”の1stアルバム「electrospout!」のリリースライブ!

Continue reading

2014年

2014年。
なんとか頑張らずに今年も終わる事が出来そうです。
来年も、出来る限り頑張らずに1年を乗り越えたいものです。
 
というのは半分、冗談という事で(笑)
 
2014年。
「モジュラーフェスティバル」に始まり「モジュラーフェスティバル」に終わった1年になったような気がします。
また、特に形として残すような作品も作ってない私が、沢山のライブやイベントに参加させて頂きました。その一つ一つのイベント出演について、出演する側としての責任を感じる、そういう良い意味でのプレッシャーといいますか、そういうレベルを望まれている期待されている、という事を考えさせられるイベントが多かったように思います。
 
本当に、ありがたい話です。
 
そして、これまでにないぐらい、沢山の色々なジャンルで活躍されている方々と知り合えたり、特に「モジュラーフェスティバル」では、あまり人付き合いが得意ではない私が、言い出しっぺという事で、沢山の方々に御協力頂きました。段取りが悪く、色々とご迷惑掛けてしまった事も多かったと思いますが、みなさんに参加して頂き、総力戦(笑)で作り上げたイベントでした。
 
うん、まぁ。
特に今年の「モジュラーフェスティバル」は、全てが真剣勝負、というと大袈裟ですが(笑)、ホント胃が痛くなるぐらいにやってた。
もはや「モジュラーシンセ」とかは、どーでもよくて、もっと上のレベル。電子音楽としてのイベント、音楽としてのイベント、エンターテイメントとしてのイベント。誰でも遊びに来てもらって、「楽しかった」と思えるイベント。
もう書き出すと、色々な想いがソコにあるので、書かない事にしますw
書くと、また音楽仲間に手厳しく怒られると思いますので(爆)
 
今年、一つ一つのイベントを振り返ると、もう書き終わらなくなるのでw、全部まとめて(爆)
 
2014年、沢山のみなさんにお世話になりました。
2015年、また一つ、モジュラーおじさんをよろしくお願い致します。
 
2015年、新しい企画のイベントを始める予定です。シリーズで3,4回やるつもりです。
各回で、既にコンセプトと出演して頂きたい方々の名前も、頭の中にあります。
実現できるかな、どうかな。ぼちぼちやっていきます。
広い意味での電子音楽の、ミニミニなイベントです。こぢんまりとやれたらいいな、と。
 
さてさて、どうなりますやらで(笑)

安井源太作品展パーティ&電子音楽映画2014

イベントの告知でございます。
2014年11月30日(日)
「安井源太作品展 パーティ」
G_Y_01
神戸元町 GALLERY3
https://www.facebook.com/events/560136984088168/
 
11月22日より、神戸元町にあるギャラー&カフェGALLERY3にて、安井源太さんの個展が開催されています。
期間中の、11月30日にはパーティがあり、私もモジュラーシンセ担いで参加させて頂きます。
 
15時よりパーティがスタート。安井源太さんのライブペインティング等のパフォーマンスがあります。
 
私は17時頃より、モジュラーシンセ公開パッチングの作業に入ります(笑)
19時頃より、20分ほどのミニライブを3本やります。3本共、モジュラーシンセですが、かなり雰囲気が違う電子音の世界になると思います。
また、ライブの合間はモジュラーシンセの音をBGM的に流すかもしれませんので、御興味のある方は、ぜひモジュラーシンセを触って遊んでみて下さい。
 
怪しく奇妙な世界のパーティになりそうな予感です。ぶらり神戸散策と共に、ぜひお立ち寄り下さいませ。
 
また、今回のパーティは、12月6日より開催される「電子音楽映画2014」のプレイベントにもなっています。
https://www.facebook.com/events/317077675165460/
 
「安井源太作品展 パーティ」へ遊び来られたみなさまには、「電子音楽映画2014」映画館の入館料が割引になるクーポン券がプレゼントされるとの事です。また逆に、「電子音楽映画2014」にて映画鑑賞されたみなさまには、その半券提示にてGALLERY3カフェ10%OFFのサービスとなるようです。(12/6〜12/12の期間)
 
さあて、電子音楽に興味のあるみなさん、神戸が面白いですよ!!

音泉温楽 2014 渋温泉 @ 金具屋

2014年12月6日(土)〜7日(日)
「音泉温楽 2014 渋温泉 @ 金具屋」
onsenongaku
http://onsenongaku.chillout.jp/2014shibu/
音楽といえば温泉です。
温泉といえば浴衣です。
浴衣といえば宴会です。
全部まとめて、音泉温楽ずら。
関西からは、シンセ温泉組も多数参加のようで、えらい事になってますよ!!
 
ゆっくり温泉、美味しい料理とお酒。
そして、ノリノリ小気味良い音楽三昧。
 
ぶらり長野へ。
ぜひ!!
 
え、私ですか?
6日が仕事でね、、、(号泣)
 
ちょっと、そこのアナタ。
私の変わりに、、、
 
「行って来なさいっ!!」

DOMMUNE、そしてモジュラーフェスティバル

諸々、ライブの感想などを書き綴りたいのですが、11月末までドタバタなので、今しばらく我慢(笑)
 
さて。
いよいよ今週末になりました、関西でモジュラーシンセ大集合のライブイベント「モジュラーフェスティバルvol.5」。
当日のタイムテーブルも公開になりました。

そして、この写真!!

doepfer_mf05

なんとモジュラーシンセ界の雄、ドイツはDOEPFER社の社長、Dieter Doepfer氏がモジュラーフェスティバルのフライヤーを手にしています!!

Doepferそんも気になっている(^^;;、モジュラーフェスティバル、ぜひ遊びに来て下さいませ。

それから、もう一つ。
10月12日に開催された、DOMMUNE LIVE PREMIUMイベント、「DOMMUNE/KANDA INDUSTRIAL」のダイジェスト映像がアップされています。
私は、松武さんや冨田先生が出演されるという中、光栄にも同じステージでライブをさせて頂く機会となり、とても楽しい時間でした。
ちょこちょこっと、私も映ってます(笑)

「DOMMUNE / SILENT MODULAR WARS!!」と題し、映像にもあるように出演者含めて全員がヘッドフォンでライブを楽しむという、とても面白い企画でした。

つづく。

【東京/大阪】10月〜11月のライブ情報【モジュラーシンセ】

10月〜11月にかけて、ライブが4本!!
どれも個性的で大きなイベントに出演させて頂きます。
「モジュラーフェスティバルvol.5」も開催決定ですぞ!!
 

2014年10月12日(日)
DOMMUNELIVE PREMIUM
「DOMMUNE K-A-N-D-A INDUSTRIAL」
DOMMUNE_K-A-N-D-A_INDUSTRIAL
http://dommune.3331.jp/livepremium/
開催日時:2014年10月12日(日)
地上エリア11:00-19:00
地下エリア16:00-23:00
会場:旧東京電機大学跡地(東京都千代田区神田錦町2-2)
入場料:3,800円(早割)4,500円(前売)5,000円(当日)

DOMMUNEでお馴染み宇川直宏さんオーガナイズによる、DOMMUNELIVEイベント。
その地下エリア、怪しい地下秘密基地にてモジュラーシンセをメインにしたライブイベントが開催されるのですが、そのステージに参加させて頂きます。
地上地下ともに豪華なラインナップで、日本シンセサイザーサウンドのパイオニア、冨田勲さんのお名前まで、、、なんともまあ、私なんぞ、どうしたもんかと(笑)
というわけで、私は地下エリアに出演させて頂きます。
 
 

2014年11月2日(土)~3日(日)
「テクノヶ丘 vol.8」
technogaoka08_01technogaoka08_02
https://www.facebook.com/events/1483305801925361/
http://technogaoka.com/
旅房 芦屋大悲閣
http://daihikaku.jimdo.com/
Open / 19:00
End / 5:00
御予約: ¥2,500 / 当日: ¥3,000

こちらはなんと、旅館を貸し切ったオールナイトのイベントです。
靴を脱いで畳の上で、ワインや美味しい食べ物、アートワークに整体を楽しみながら、音楽にのめり込めるイベント。
紀平さんやCompufunkさんに混じって、私もモジュラーシンセでライブしますよ~
オールナイトのイベントですが、室内で畳の上なので疲れたら、そのまま転寝OK(笑)
 
 

2014年11月8日(土)
「Modular Festival vol.5」
mod_fes5_color_outline02_CS5
http://kansai.modular-synth.com/mf05/
大阪阿波座 nu things
http://nu-things.com/
Open 17:00
17:30 – 18:30
「モジュラーシンセ・ミニワークショップ」
18:45 –
「モジュラーシンセ・ライブ」
Close 23:00
料金 : 2,000円 (1ドリンク込み)

またまたまた(笑)、やりますよ~
関西モジュラーシンセ祭り。今回はマニアックな?、ワークショップもあります。MCやVJも参加して、モジュラーだけではない沢山の方が楽しめる電子音楽イベントになると思います。
詳しくは上記サイトにて!!
10月に入るとフライヤーも配りにまわるので、見掛けたらぜひお持ち帰りして下さいね!!
 
 

2014年11月16日(日)
「Scarlatti Goes Electro Japan tour 2014」
https://www.facebook.com/events/1483305801925361/
旧グッゲンハイム邸
http://www.nedogu.com/
ADV/Door:3,000円(W1D)ー3,500円(W1D)
【LIVE】
スカルラッティ・ゴーズ・エレクトロ
生方+松前によるレクチャー
Unyo303×Durusin
【Workshop&TALK】
川崎弘二 x 宇都宮泰

こちらは、Durusinとのツイン・モジュラーによる即興ライブになる感じです。
松前公高さんや、坂本龍一氏の「スコラ〜音楽の学校」電子音楽篇で出演されていた川崎弘二さんらも参加されます。マニアックな電子音イベントになりそうな予感ですよ!!
 
 
ライブ4本連続。
体、もつのか?
(笑)

お時間ありましたら、ぜひ遊びに来て下さいね。
どれも電子音楽を楽しめるイベントになると思います。

シンセサイザードキュメンタリー映画第一弾「ナニワのシンセ界」上映速報

日本初にして発。
シンセサイザードキュメンタリー映画第一弾。
「ナニワのシンセ界」
ページ
http://naniwa.modularsynth.jp/

上映速報です。

<東京>
8/24
UPLINK
東京都渋谷区宇田川町37-18 トツネビル
http://www.uplink.co.jp/event/2014/29997

<大阪>
9/15
Live Bar D.III
大阪市淀川区西中島3丁目11-24 B1
http://goo.gl/D8wg53

大阪の方では、2部で私も少し出演(ライブではなくトーク)させて頂く予定です。

完成目前になった形での試写を観ました。
いやぁ、、、私、なんか話してます(笑)
でも、この人、影武者ですから、おきになさらず(爆)

というわけで、今後、上映会場も幾つか予定されているようですし、シンセサイザーに御興味の有る方には、ぜひ観て頂きたい作品になっていると思います。

よろしくお願い致します。

すきすき

家、ですけど。
すき家です(笑)

ニュースにもなってましたが、まあ、よくもここまで書けるだけのネタ(PDF直リンクです)があるな、と。。。

安売り競争スパイラルの中で、更に1円どころか1銭でも価格下げる競争している人達では、もはや安全安心・品質なんて、「より良いものを、より安く」というキャッチフレーズで、どうにでもなるわけですから、やりたい放題なんだろうね、と。

そこまでやらないと、そもそも、そんな価格帯で商品を提供なんて出来ないわけで。

更に、それを求める消費者が拍車を掛けてる。

企業の経営側の責任の重さと同じぐらい、消費者の責任もあると思うのですけど、どうでしょう。

すき家が人件費を増やせば、その経費は商品に上乗せされてくる。結果、値上げがおこなわれたとしても、こういう諸問題は良くない、と思っているなら歓迎しますよね?

まさか、「値上げは困るなぁ」とは、言わないですよね?

まー、私は、すき家には過去に1回だけ行った事があって、「これはお金貰っても食べれるレベルじゃない」(笑)、って感じだったので、それ以来行ってない。
同業他社系では、吉野家とか松屋とかあるけど、年に数回ぐらいかな、利用するのは。。。

それも時間が無くて、周りに店が無くて、探すのも時間無くて面倒、、、っていうタイミングで、たまたま進行方向にある時、、、という条件の時に利用するぐらい。
吉野家や松屋を「目的」として利用する事は無いね。

たまーに、ちゃんとした日本料理を食べさせてくれる店に行くと、いつも思うんですけど、吉野家とかコンビニ弁当とか、そういう類いの味に慣れてしまってる人って、まともな日本料理食べると「味が無い」とか言いそうだな、と(爆)

ちょっと前のマクドナルドのチキンナゲットの話も、「子供が好きだし、ちゃんとやって欲しい」とか言ってる母親を見て、「大丈夫か、ここの子供」とか思ったわけですけど、、、そもそも賞味期限切れ云々以前に、末端で「チキン」と呼んでるその食材は、果たして上流に遡っても「チキン」なのか、と。

それ、鳥のようで鳥の感触のする、何か違う生物の肉じゃないの、っていう(笑)

コスト掛ければ、それが何の肉かは判別可能なんだろうけど、そんなコスト掛けるわけないじゃないですか。
目前にいる客が、安さを望んでいるのだから。
品質や安全なんて、そんな事言ってられない。

安さこそ、正義なんですから。
品質なんていうコストの掛かる事なんて、客の為にならないわけですね。

もしですよ。
もし。

仮に、ですよ。
仮に。

安さと品質の両方を望んでる客がいたとしたら。
そんな幻想を望んでいる客が、全ての元凶なんですよ。

同じ料理に300円払ってるのと、600円払ってるの、平等だなんて思わないで下さいね。

今週末になって参りました、モジュラー祭り!!

さて、今週末になって参りました。

「モジュラーフェスティバル VOL.4」
ModularFes04_Flyer_L
http://kansai.modular-synth.com/category/experience/modular_fes/

改めての直前情報です。

モジュラーシンセ大集合、第四回目の今回は現代版モジュラーシンセ「ユーロラック・スタイル」モジュラーシンセを操る、5組のアーティストによるライブ、そしてモジュラーシンセのワークショップからなるイベントです。

今回、その「ワークショップ」というのが、一つのコンセプトになっています。

まず、イベントの本編であるライブが始まる前に、モジュラーシンセのワークショップを開催します。
モジュラーシンセが、どういった特徴を持つシンセサイザーで、実際に音を出してケーブルを繋いでく過程を御紹介する予定です。
モジュラーシンセというと、沢山のモジュールと沢山のケーブルが絡み合って、複雑に見えますが、そこをシンプルにした形で進めて行きます。
60分の予定なので、より深い部分まで御紹介する事は難しいですが、モジュラーシンセってこんな感じなのね、と知って頂けるワークショップになると思っています。

そして、いよいよライブが始まります。
各出演者のライブも、実は今回のコンセプトである「ワークショップ」と繋がりがあります。
まずは、各出演者のプロフィールをご覧下さい。

http://kansai.modular-synth.com/category/artist/

出演者のプロフィールと共に、それぞれがモジュラーシンセを使って、どのようなアプローチでライブをするのか、簡単ではありますが掲載しています。今回は、各出演者がご自身で決めた、それぞれのコンセプトに従ってライブをします。

電子音楽のライブ全般に言える事ですが、ライブは凄くカッコイイのに、「何をやっているのか。よくわからない」という意見があります。

そこで今回のコンセプト、「ワークショップ」の流れを、ライブでもやって頂こう、という趣向です。
事前にモジュラーシンセで、こんな使い方、こういうアプローチでライブをします、と表明して頂き、ライブで実演する、という感じになります。

文字だけでは、なかなか伝わらないかもしれませんが、ライブでどのように「音」へ化けるのか、そんなあたりも楽しんで頂けたらと思います。
当日、入り口にて各出演者のプロフィールとライブのコンセプトを要約したプリントを、お配りする予定です。

また、ライブ終了後にはフリータイムを用意しています。
モジュラーシンセに興味があって、触ってみたい方、色々と質問してみたい方、ライブで実際にどうモジュラーシンセを動かしていたのか知りたい方等々、、、各出演者にお声を掛けて頂ければ、出来る限りで質問にお答えさせて頂きますし、モジュラーシンセにも触って頂けると思います。

そして、あまり公な告知をして来ませんでしたが、、、
今回の「モジャラーフェスティバルVOL.4」ですが、取材が入ります。
各出演者等のインタビューや、本番では全編通しての撮影等があります。

これは、今年9月に公開予定のドキュメンタリー映画の素材として使用される予定です。
詳しくは、こちら。

http://modularsynth.jp/?p=1015

また、来年公開予定の、日本のモジュラーシンセを中心とした電子音楽シーン全般を取り扱う、ドキュメンタリー映画にも繋がる予定です。

ぜひ、こちらの映画完成も楽しみにしておいて下さいませ。

それでは、みなさま。
5月24日(土)は、ぜひ大阪阿波座nu thingsへお越し下さいませ。
モジュラーシンセが織りなす電子音の世界を楽しんで下さい。