日本一周一人旅アーカイブ 1992-1993 vol.52

日本一周一人旅アーカイブ

今から28年前。1992年〜1993年に掛けて、約2ヶ月間の駆け足で巡った日本一周一人旅を、当時の旅日記と残っていた資料、そして遠くなった記憶を頼りにアーカイブ化していきます。
ただ、さすがに記憶が曖昧なのと、28年前にもなるので、もう今は存在しない場所や建物、宿泊施設。また廃止された路線等もあるかと思います。また地図を載せている場合も、正確な移動ルート等を現していません。
アップしていく写真も、今から28年前のプリントをスマホで撮影しています。現在とは様子も変化している事でしょう。
このアーカイブ化していく情報は、全て28年前の情報となります。
当時の事を、旅日記をメインにして簡単にまとめて行きますが、もしかすると記憶違いな事を書いてしまう可能性がありますので、ご理解頂ければと思います。

1993年10月7日(木) / 雨

朝、、、あー、雨が降ってる。
この旅、始まってから初めての、雨の中の移動か、、、

11時の電車を予定していたので、朝はゆっくり出来た。

郵便局に寄ってから西鹿児島駅に来て、、、あれ、と。

西鹿児島駅は現在、鹿児島中央駅となっています。

一旦、指宿から池田湖に行って、出来れば宮崎までは行きたいなと考えていたのですけど、どうも西鹿児島からの宮崎への日豊本線の様子が変、、、

どうも今年8月の豪雨で発生した災害による不通区間が、まだ残っていて全線開通は10月9日との事。
一部は徐行運転、不通区間は代行バスになるらしく、不通区間を含めた時刻表のプリントが置いてあった。

このまま池田湖から帰って来てからだと、宮崎到着は21時は過ぎるっぽい。。。
うーん、、、予定が完全に狂ってしまうなあ。。。

どうしようか。
体調も、まだあまり良くないし、、、
種子島屋久島に渡る気力も無くなってしまった。。。

もう1泊、鹿児島でもいいか。

そう決めて、とりあえず再び指宿へ向かうことに。

沖縄へ行く前に訪れた時は、天気も良くて海も綺麗だったけど、今日は雨。
海も山も霞んで見える。

指宿駅に着いて、池田湖に行くバスの時間を見ると、13時10分のバスで13時41分着で、折り返しかな、帰りは14時18分のバスがあるっぽい。

池田湖で30分ぐらいかな。
ロッカーに荷物を入れて、、、寒いのでセーター着た。

バスが来るまで駅構内で待つ。

バスが到着して乗り込み、あまり客も乗ってない感じ。
途中から山道に入って進んでいくと、池田湖が見えて来た。

池田湖バス停で下車。
さ、、、寒い。。。

とりあえず展望台へ。
池田湖といえば、謎の巨大生物〝イッシー〟。

そしてウナギの看板も多くて、、、
イッシーの正体はウナギらしい???

小雨という生憎の天気なので、湖面もどんより。
開聞岳も半分以上が雲に隠れて見えない。

あまりにも寒いし体調も万全では無いので、早々にお土産店に避難。

他に客もいなさそうな感じで、お店の方が温かいお茶を出してくれた。
ああ、救われる。。。

お店の方と話をしつつ、せっかくなのでイッシーのアクセサリーっぽいものを買う。
帰りのバスは14時18分と思っていたけど、22分発らしい。

あれ、駅で見た時間と違うなあ。

指宿駅に戻って来た。
今日も鹿児島で1泊に決めたから、とりあえず先に宿を決めてしまおう。

昨日に泊まった同じホテルに電話するも満室。
隣にあったホテルに電話するもダメ。

うー

電車到着まであと8分。
先に切符だけ購入して、また別のホテルに電話。
やった、部屋が空いてた。

電車に乗って西鹿児島駅へ戻る。
途中から学生だらけになった。

西鹿児島駅に到着。
まだ雨、降ってる。

郵便局に寄って、ゆうパックの袋を買う。

本日の宿、『パークホテル鹿児島』には16時過ぎに到着。

一服して18時過ぎに、再び西鹿児島駅へ。
駅構内に食堂があって、昨夜もここで晩御飯を食べた。
お世話になるなー

ホテルに戻って、色々と買ったお土産やら撮り終えたフィルム、もう必要なくなったものなど、ゆうパックに詰める。

移動距離 : 約121km
西鹿児島駅 〜 指宿駅 〜 池田湖 〜 指宿駅 〜 西鹿児島駅

注意 : Googleマップ仕様の関係上、下車等せず通過した地点も記載したルートになっています。また、当時の正確な移動ルートを再現しているものでもありません。〝大凡〟のルートになります。


vol.51 ← | INDEX | → vol.53

Hits: 0

コメント