日本一周一人旅アーカイブ 1992-1993 vol.43

日本一周一人旅アーカイブ

今から28年前。1992年〜1993年に掛けて、約2ヶ月間の駆け足で巡った日本一周一人旅を、当時の旅日記と残っていた資料、そして遠くなった記憶を頼りにアーカイブ化していきます。
ただ、さすがに記憶が曖昧なのと、28年前にもなるので、もう今は存在しない場所や建物、宿泊施設。また廃止された路線等もあるかと思います。また地図を載せている場合も、正確な移動ルート等を現していません。
アップしていく写真も、今から28年前のプリントをスマホで撮影しています。現在とは様子も変化している事でしょう。
このアーカイブ化していく情報は、全て28年前の情報となります。
当時の事を、旅日記をメインにして簡単にまとめて行きますが、もしかすると記憶違いな事を書いてしまう可能性がありますので、ご理解頂ければと思います。

1993年9月28日(火) / 晴れ

6時過ぎに目が覚めて二度寝。
7時過ぎに目が覚めて三度寝。
結局、10時過ぎに起きた。

矢頭さんの友達が来ていたけど、お昼前に帰っていった。

12時過ぎに郵便局に行って、ルートビアを飲みに行こうと矢頭さんとファーストフード店へ。

ルートビア?
なんだろう。コーラっぽいけど、もうちょっと甘いかな。後味も違う。

矢頭さん家に帰って来て、石垣島への飛行を予約出来るか電話で確認したら、14時20分の飛行機の予約が取れた。

って、今は13時35分。
間に合うのか?

矢頭さんのバイクで、爆走で送ってもらう。
10kgちかいザックを背負っての、バイク二人乗りは、なかなか辛い。。。

14時5分、那覇空港到着!!

矢頭さんとお別れして、早速チェックイン。
なんとか間に合った。

今度の飛行機は翼の真横で、あまり景色が見えなかった。
途中、客室乗務員さんからハガキと飴を貰う。

宮古島上空を過ぎて、まもなく石垣島へ。
いやー、一段と海が綺麗だ。

石垣空港へ到着。

さて、ここから離島巡りを考えているのですが、まずは石垣港へ向かわなくていけません。
うーん、バスとかあるのかな、、、バスは無いのかな、、、よくわからない。。。

めんどくさいからタクシーでいいや、と。
タクシーで720円。
そんなに掛からなかった。

石垣港へ到着。

えーと。
西表、波照間、与那国、竹富、、、と。。。
幾つかの船会社が運行しているみたい。

その中から、西表島、波照間島、竹富島に、船の本数が多いところで乗船券を買う事にした。

『しんざと観光』が運行するフェリーに乗ったと思うのですが、現在、しんざと観光は運行してないようですね。

今の時間からだと、竹富島へ行くのが良さそう。

切符を買う時に、竹富島の宿を紹介してもらえるか確認したら、出来ないとの事。
竹富島に渡ってから、案内所があるから、そこで聞いてみて、という感じだった。

15分ほど待って、乗船。
あれ、、、この船に乗るのって、私だけ、、、みたい。

小さい船なのでスピード感が凄い。
海も凄く綺麗だし、白い波しぶきがミルクのよう。

10分ちょっとで、竹富島に到着。

船から降りて、、、あれ。
なんにもない。

案内所どころか、建物っぽいものさえ無い。。。

えー。

近くに止まっていた車に人がいたので聞くと、何処でも良ければ幾つかあるよ、みたいな事は教えてくれたけど。。。

うーん。
ガイドブックの地図を見る限りでは、港から集落まで歩いて行けるぐらいだし、とりあえず人のいるところへ行こう。

港から一本道を歩く。
あつー

しばらく歩くと、集落の中に入った。

沖縄らしい石垣に囲まれた、赤瓦の屋根と家々の中を歩いて行く。

ウロウロ、キョロキョロしていると、〝旅館〟という看板を発見。
とりあえず、行ってみる事にした。

高那旅館』という、ユースホステルみたい。
相部屋で良ければ、大丈夫との事で、1泊の2食付で3,500円。

この日本一周で、既に相部屋は経験して来ているし、楽しい思い出となっているので、全然OK。

相部屋は、私を含めて3人。

一人は東京の大学生で、毎年夏は慶良間諸島でスキュバーダイビングのインスタラクターをしているそうだ。東京へ帰る前に、竹富に立ち寄ったそう。
そして、もう一人は、おっちゃん。11月からは北海道で仕事らしくて、毎年、北やら南やらで仕事をしているそうだ。

夕食まで時間があるので、竹富島散策。

歩いてコンドイ岬へ。
小さい島なので、歩いて巡れるとはあるけど、まあまあ歩いた。

いやー、めちゃくちゃ綺麗な海。
何処までも白く青く、という海。こんな景色は初めて見たよ。

木陰で本を読んでいる人以外、誰もいない。
静か。

よーし、明日は泳ぐぞー

宿に帰って夕食はセルフセービスだった。

移動距離 : 約443km
宜野湾市内 〜 那覇空港 〜 石垣空港 〜 石垣港(石垣島) 〜 高那旅館(竹富島)

注意 : Googleマップ仕様の関係上、下車等せず通過した地点も記載したルートになっています。また、当時の正確な移動ルートを再現しているものでもありません。〝大凡〟のルートになります。


vol.42← | INDEX | → vol.44

Hits: 0

コメント