【ライブ】電音ハッカーズ vol.10 SPECIAL!!【タイムテーブル公開】

Live Info.

※お知らせ
2023年末にて、現状のsoundcloud、bandcampのアカウントを一旦削除する予定です。
その為、当ブログ(サイト)内にあるsoundcloud、bandcamp各リンクの全てが〝リンク切れ〟と言う状態になります。
改めてsoundcloud、bandcamp等のアカウントは新規作成する予定です。新しくアカウント等が出来上がった際には、『Sounds』固定ページ(記事)を更新致します。

『Sounds』固定ページ(記事)以外の、各ページ(記事)については、リンクの修正等は致しませんので(リンク切のまま)、ご了承下さいませ。

※unyo303アカウント関連のみ※

電音ハッカーズによるエレクトロミュージックのショーケース

電音ハッカーズ、第10回目はスペシャル版。
がっつりDJとLiveでエレクトロ・ミュージックを楽しんで下さいませ。
フードのケータリングには、tamutamucafemさんも参加します。

電音ハッカーズ vol.10画像

2023.11.18 (sat.)
“ 電音ハッカーズ vol.10 SPECIAL!! ”
environment 0g [ zero-gauge ] (web / Instagram / facebook / X”twitter”) 大阪市西区南堀江3-6-1 西大阪ビルB1F
open&start 17:30 / end 22:30
charge : 2,500 yen (inc. 1drink)


Special Guest DJ :
HIROSHI WATANABE aka KAITO (Transmat / Kompakt)

DJ :
aon
Juri Suzue
JIN CROMANYON


LIVE :
Mountain Hawk
Unyo303


VJ :
Takumi Kadode

FOOD :
tamutamucafe

Flyer design :
nico

HIROSHI WATANABE aka KAITO Mail Interview 1998 to 2000

HIROSHI WATANABE

HIROSHI WATANABE aka KAITO
(Transmat / Kompakt)

ドイツ最大のエレクトロニック・レーベルKompaktのアーティストとしてKaito名義の作品を発表する傍ら、ギリシャのKlik Recordsからも作品をリリースしている。

2002年に制作したKaitoの1stアルバム『Special Life』に収録された「Intension」がFrancois K.のミックスCDに収録されるなど瞬く間に大反響を呼び、10年以上が経過した現在も色褪せることのない名曲として語り継がれている。

その後、Kompaktのコンピレーション・アルバムにも収録された表題曲を含む2ndアルバム『Hundred Million Light Years』を発表。この2枚のアルバムで一躍Kaitoの名は世界中に浸透し、バルセロナのSonar Festivalなどのビック・イベントでライヴを披露した。
Kaito名義のオリジナル・アルバムでは常に対になるビートレス・アルバムも制作され、繊細かつ美しい旋律により幅広い音楽ファンに受け入れられている。3rdアルバム『Trust』に対しての『Trust Less』では更にアコースティックな要素も取り入れ、リスニング機能をより高めた作品となった。

本名のHiroshi Watanabe名義では自身最大のセールスを記録した1stアルバム『Genesis』に続き、2011年に『Sync Positive』を発表。タイトルが示す通り、リスナーを鼓舞させる渾身の作品となっている。またリミックスを機に交流を深めてきた曽我部恵一との異色コラボレーション・アルバム『Life, Love』ではメランコリックな音像と歌声が溶け合った叙情的なサウンドで新境地を切り拓いている。

一方、ニューヨーク在住時代に出会ったグラフィック・デザイナー、北原剛彦とのダウンテンポ・プロジェクトTreadでは、シンプルで柔らかい上音と乾いたビートの融合を絶妙のバランスで確立し、ハウス、テクノ、ヒップ・ホップなどジャンルの壁を越えて多方面から注目を浴びることに。限定生産された5枚のアルバムと4枚のEPは不変の価値を持つ名盤として知られている。

2013年にはKompakt設立20周年を記念して制作された2枚組DJミックス『Recontact』を、更にKaito名義としては4年振りとなるアルバム『Until the End of Time』を発表。新生Kaitoとも言える壮大なサウンドスケープが描かれている。
2016年初頭にはテクノ史に偉大な軌跡を刻んできたデトロイトのレーベルTransmatよりEP『Multiverse』をリリース。主宰Derrick Mayの審美眼により極端に純度の高い楽曲のみがナンバリングされるため、近年はリリースそのものが限定的となっている中での出来事。EPと同名のアルバムは、さながら宇宙に燦然と煌めく銀河のようなサウンドが躍動する作品となっている。

歴史を創出してきた数多のレーベルを拠点に世界中へ作品を届け続けるHiroshi Watanabe。日本人として前人未到の地へ歩みを進める稀代の音楽家と言えるだろう。

aon

aon

大阪在住。2010年よりDJ活動開始。テクノパーティー「鋼」レジデントDJ。

SoundCloud





Juri Suzue

Juri Suzue

電子音楽家&DJ

2011年よりダブテクノの作品をMidnight JJ名義でリリース。近年はノイズ、エクスペリメンタルな楽曲、即興のライブを展開。

2020年 V.A「a sing 2」CD (remodel)、2020年1st album「ROTTEN MISO」CD (remodel)

2021年「ROTTEN MISO」LP (MERZBOW remix収録) (remodel)、2022年「Omen of Omen」cassette tape (NEUS-318)

Bandcamp
YouTube

JIN CROMANYON

JIN CROMANYON

兵庫県在住Hidetaka horieのメインプロジェクト。

2016年ドイツのCologne Underground Recordsからの「Worldwhgde electronics vol.1」に提供した「No.Mi.Su.Gi.Ta.Be.Su.Gi. Over dose」でレコードデビュー。2017年10月にはフランスのMacadam mamboから7インチシングル「Personal Zombie」と全9曲入りフルアルバム「逆襲のスポンジ」を発売!!

2020年11月にはドイツで活躍しているダークウェーブアーティストのNao Katafuchi氏の支援アルバム「Forbidden Figures」に「Art Crisis」を提供。2022年2月にフランスの伝説的シンセウェーブアーティストPeine Perdueが設立し、現在はメンバーのStephane Argillet Stereovoidが運営するシンセウェーブコレクター垂涎のレーベルObjets trouveから東京のリアルミニマルシンセアーティスト「Soloist Anti Pop Totalization」とのスプリットアルバム「Synth in Japan」がリリースされる。
そして同年の5月、6月に神戸発の新レーベルtecchu co.,ltd.からデジタル配信シングル「感じたままに踊って(Altanative ver.)」と「Robot education ロボットの頭の中身」を発表。

80’sエレクトロやイタロディスコ、アシッドハウスにニュービート…愛して止まないエレクトロビートに乗せて歌い上げるJIN CROMANYONワールドにあなたを誘います。

Instagram
Bandcamp

Mountain Hawk

Mountain Hawk

シンセサイザーなどで曲を作る大阪の電子音楽家。2017年より活動開始。

エクスペリメンタル、アンビエント、テクノやアシッド、dub、エレクトロニカなど横断的に制作。レフトフィールドと言われたりもする。

音源
2020年8月 イギリスのtechno、experimentalレーベル NAIAD.RecordよりEP「GRAY」をリリース
https://naiadrecs.bandcamp.com/album/gray-nai06

2021年12月 同レーベルよりambientコンピレーション「NAI010」に参加
https://naiadrecs.bandcamp.com/track/phantom-bird-album-edit

2023年6月 国内 ambientレーベルMuzan Editionよりアンビエントアルバム『Haze』をリリース。
https://muzaneditions.bandcamp.com/album/haze

Unyo303

Unyo303

2007年以降、関西を中心に様々な空間で、モジュラーシンセによるライブパフォーマンスを披露。五線譜の時間軸から飛び出したサウンドは、聴く人を不思議な電子音の世界へ誘っている。また、ユーモアと誰でも楽しめる電子音楽ライブやイベント企画を模索している。

西田彩、江夏正晃らと共に《Envelope77e》でも活動中。サワサキヨシヒロがプロデュースする《Naturally Gushing Electric Orchestra》(N.G.E.O.)に参加、2017年9月にはN.G.E.O.1st.アルバム『エレクトロスパウト!』をリリース。

大須賀淳監督による日本初のシンセサイザードキュメンタリー映画『ナニワのシンセ界』に出演。『モジュラーフェスティバルvol.1〜5』、宇川直宏主宰『DOMMUNE/KANDA INDUSTRIAL』、『Tokyo Festival of Modular 2016』、『Kyoto Festival of Modular 2018』、『シンセ温泉』、『音泉温楽2018』等に出演。『THE STAR FESTIVAL 2017』では謎のセレクター“Ghost” Selectors”の一員として参加。

Web Site
X (twitter)
Instagram
facebook
Bandcamp

Takumi Kadode

Takumi Kadode

VJ / オーディオビジュアルアーティスト。

「身体性の拡張としての視覚/聴覚の接続」を追求すべく、自らの楽曲を3次元映像化した事から活動を開始。

その後、自身のライブパフォーマンスでの音響/映像表現や、様々なアーティストのサポートVJを手掛けるとともに、大阪、東京のクラブでVJを行う等、活動の範囲を広めている。

X (twitter)
facebook
Instagram





tamutamucafe

tamutamucafe

VJ / オーディオビジュアルアーティスト。

2010年に大阪・日本橋で”おいしいごはん。おいしいおと。”をテーマにオープン!!家庭料理からスイーツまで。19時から24時の夜のみ営業。各所でParty & Food出店の為不定休。

大阪市中央区日本橋2-18-6
Tel. 06-6568-9774

Instagram
facebook
X (twitter)





nico

nico

高校で産業デザイン科専攻。
専門学校ではビジュアルデザイン学科、
イラストレーション専攻。

現在は、プラバンとUVレジンを使い、アクセサリー等を作成したりもしている。

LINEクリエイターズスタンプ発売中!!
ニコ×バツ
おりぼんちゃん

オリジナルグッズ販売サイト「SUZURI」にてグッズ販売中!!
https://suzuri.jp/nicoatom

電音ハッカーズでは、キャラクターデザイン、フライヤーデザインを担当。


TimeTable
17:30 – 18:30 Juri Suzue (DJ/)
18:30 – 19:30 JIN CROMANYON (DJ)
19:30 – 20:00 Mountain Hawk (Live)
20:00 – 21:00 aon (DJ)
21:00 – 21:30 unyo303 (Live)
21:30 – 22:30 HIROSHI WATANABE (DJ)


コメント