日本一周一人旅アーカイブ 1992-1993 vol.19

日本一周一人旅アーカイブ

今から28年前。1992年〜1993年に掛けて、約2ヶ月間の駆け足で巡った日本一周一人旅を、当時の旅日記と残っていた資料、そして遠くなった記憶を頼りにアーカイブ化していきます。
ただ、さすがに記憶が曖昧なのと、28年前にもなるので、もう今は存在しない場所や建物、宿泊施設。また廃止された路線等もあるかと思います。また地図を載せている場合も、正確な移動ルート等を現していません。
アップしていく写真も、今から28年前のプリントをスマホで撮影しています。現在とは様子も変化している事でしょう。
このアーカイブ化していく情報は、全て28年前の情報となります。
当時の事を、旅日記をメインにして簡単にまとめて行きますが、もしかすると記憶違いな事を書いてしまう可能性がありますので、ご理解頂ければと思います。

1992年9月2日(水) / 雨

日本一周の初日『新宮夜行』以来の、列車での移動泊。
一度、目が覚める。どの辺りを走ってるのだろう。

次に目が覚めたのは車内アナウンス。
終点の札幌駅到着14,5分前。
慌てて荷物をまとめる。
 
朝、6時過ぎに札幌駅到着。
稚内駅を出て8時間の移動。

眠くて眠くて、フラフラしながらホームに降りるとサイトウさんもホームにいた。
ちょっと立ち話をしたけど、次の電車もあるので、ここでサイトウさんともお別れです。
握手をして、さあ、次の電車へ。
 
とりあえず層雲峡に行ってみようと考えていたので、上川駅まで。
しかし、昨日は良い天気だったのに、札幌に着いたら雨が降ってる。
嫌だなあ。
 
上川駅には10時ぐらいに到着。
ここからバスで層雲峡方面への移動だけど、とりあえずみどりの窓口で宿を紹介してもらう。
うん、すんなり宿も決まって一安心。層雲峡温泉だから温泉に入れる!!

上川駅

朝御飯もして無かったので、売店でパンを買って食べる。
上川駅で少しゆっくりしてから、バスで層雲峡へ。30分ほどで到着。
 
うーん、雨は止みそうにないなー
 
到着が13時過ぎだったけど、宿に荷物を置かせてもらってから、さてさて、ちょっくら観光にでも行くかな。
レンタサイクルで巡ろうかと思っていたのですけど、雨は降り続いているし、止みそうにないしで、再びバスで移動する事に。

まずは〝銀河・流星の滝〟へ、そして〝大函〟まで。
雨が降ってるのは残念ですけど、とても綺麗な景観でした。礼文島の雄大な景色の印象が強く残っていたので、この険しい渓谷の景色が新鮮でした。

流星の滝
大函

晴れていたらロープウェイにも乗ってみたかったなぁ。

売店で焼き芋を食べて、夕方に宿へ。
宿の兄さんが、なんか凄く面白い人だった。

〝宿の兄さんが、なんか凄く面白い人だった〟が、どのように面白かったのか、まったく記憶が無い(笑)

移動距離 : 約222km
札幌駅 〜 上川駅 〜 層雲峡 〜 銀河・流星の滝 〜 大函

注意 : Googleマップ仕様の関係上、下車等せず通過した地点も記載したルートになっています。また、当時の正確な移動ルートを再現しているものでもありません。〝大凡〟のルートになります。


vol.18 ← | INDEX | → vol.20

コメント