札幌の羊肉と積丹うに

Travel

2021年8月16日

最終日。
特に予定は無いので、午前中はお土産屋さん巡りして、昼には空港へ移動しよう。

今日は、ゆっくり出来るので、朝食時間もゆったりです(笑)
このホテルの朝食は、クレープに具材トッピングした一皿が売りみたい。
その他、和食、洋食、パンやサラダ、ドリングがバイキング形式になっている

個人的にホテルのバイキング形式の朝食が好きなんですよねえ。
で、ゆっくりした時間を過ごすんです。

ホテルをチェックアウトして、とりあえず荷物だけは預かってもらって、まずは円山公園動物園の近くにある商業施設、マルヤマ クラスまでタクシーで移動。この中にファットリアビオというチーズ屋さんがお目当て。

お店の方の説明を聞きながら、現地ならではのチーズ等をゲット。

百貨店でよくある北海道物産展みたいな時には、よく見かけるチーズ屋さん。
お店の方も、去年今年と、そのようなイベント中止になって、関西にも行けなくて残念がってました。

マルヤマ クラスから地下鉄で、すすきのまで移動。
ここから徒歩で、初日に訪れた北菓楼さん、そして六花亭さんと巡って、アレコレとゲット。

再びホテルに戻って荷物回収して、札幌駅から新千歳空港駅へ。

新千歳空港って、レストラン街やお土産街が充実していて、ちょっとしたテーマパーク並です。
ここでも北海道のチョコレートといえば、な感じでROYCE’さんでチョコを買い込んだり。
燻製や干物系で美味しそうな食材ゲットしたり。

そのまま北海道最後の食事、〆はラーメンでしょう、と(笑)
北海道ラーメン道場という空間に、北海道内人気店が集結しているんですが、どの店に入ろうか悩む。
で、悩んでいると、どんどんメンドくさくなるので(笑)、メニューが一番シンプルに見えた店に入った。

まあ、王道定番メニューで、美味しければ良いかな、という理由。

北海道バターコーンか味噌か、、、で、味噌ラーメンを選択。
うん、美味しかったですよ。

そして、ほどなく飛行機へ。
帰りは大阪・伊丹空港直行便が取れなくて、福島空港経由。
で、帰りは2列シートのプロペラ機。満席ではないけど、そこそこ乗ってる感じかな。

さよなら、北海道。

離陸してドリンクサービスが始まった時、客室業務員の方が「次の大阪便に乗り継ぎされますよね。次の便もご一緒させて頂きますので、よろしくお願いします」って、声を掛けてくれた。

んんん?
こういう、お声掛けって、普通にされているんですかね。

この時は、この方も引き続き伊丹空港まで業務されるんだなぁ、と思っていたのですけど、結局のところ、この飛行機自体が福島空港から、再び伊丹空港まで飛ぶ、という事だったんですね。

福島空港に到着。
飛行機から直接、地面に降りるタイプ。これはこれで、毎回面白い。

福島空港施設に入って、、、あれ、出口しかない。
乗り継ぎなんだけど、このまま出口に行ったらまずいのでは?

近くにいた空港職員に聞いたら、一旦出口から再度、保安検査を受けて入って下さい、と。

おっと、また保安検査するのか(笑)

仕方ないので、出口からぐるり回って、再び保安検査を通過して搭乗ゲートへ。

うん、2番ゲートに到着して降りて、再び2番ゲートに戻って来た。
ここで、あそうか、と。
さっき乗って来た飛行機が、そのまま伊丹空港行きになるのか、と気付く(笑)

うん、客室業務員の方も同じ。
パイロット機長も同じ人でした。

機長の方が面白くて、北海道から福島へ向かう途中もだったのですが、福島から大阪へ向かう途中も、景色の説明をガイド風にアナウンスされてました。
でも、ずっと曇ってて、ほとんど地表が見えなかったけど。。。

あと、関西方面の悪天候の為、飛行ルートを変更して新潟から一旦、日本海側へ抜けて飛ぶルートという事で、到着が20分前後遅れる可能性があると、、、その上で。

「最短と最速で飛行をして参ります」とアナウンス(笑)

そして、実際には、ほぼ定刻のタイミングで大阪・伊丹空港の滑走路へ突入という、なかなか機長やるじゃない、と楽しかった。

大阪に着くと、雨は降ってませんでしたけど、ちょっと蒸しっとするねえ。
あぁ、北海道の、あの涼しさは何処へ。。。

とまあ、そんなこんなの沖縄に続いて、これまた久しぶりの北海道旅行となりました。

Hits: 0

コメント