日本一周一人旅アーカイブ 1992-1993 vol.23

日本一周一人旅アーカイブ

今から28年前。1992年〜1993年に掛けて、約2ヶ月間の駆け足で巡った日本一周一人旅を、当時の旅日記と残っていた資料、そして遠くなった記憶を頼りにアーカイブ化していきます。
ただ、さすがに記憶が曖昧なのと、28年前にもなるので、もう今は存在しない場所や建物、宿泊施設。また廃止された路線等もあるかと思います。また地図を載せている場合も、正確な移動ルート等を現していません。
アップしていく写真も、今から28年前のプリントをスマホで撮影しています。現在とは様子も変化している事でしょう。
このアーカイブ化していく情報は、全て28年前の情報となります。
当時の事を、旅日記をメインにして簡単にまとめて行きますが、もしかすると記憶違いな事を書いてしまう可能性がありますので、ご理解頂ければと思います。

1992年9月6日(日) / 曇り

曇りかー。
すかっ、と晴れないなあ。
釧路駅から〝特急おおぞら〟のグリーン車に乗る。周遊券で既に乗車券は持っているので、ちょっと贅沢してグリーン車の席を取った。

帯広で下車するか富良野で下車するか迷ったけど、お昼前に帯広駅で一旦下車。
駅前のデパートでシャンプーとか日常品を少し買い足した。
帯広駅からは〝特急スーパーとかち〟に乗って札幌まで行くのですけど、ここも贅沢してグリーン車。更にグリーン車が二階建てになっていて、もちろん二階席へ。
曇っているのが残念だけど、帯広駅で買った駅弁を食べつつ、とても良い景色。

札幌には15時過ぎに到着。
小樽まで行く予定をしていたので、とりあえずここで小樽の宿を探してビジネスホテルの予約が取れた。
ホームで電車を待っていると外国の方から話しかけられた。
うーん、、、さっぱり英語がわからない(笑)
でも、「otaru」という言葉は聞き取れたので、私と同じく小樽に行く電車を聞いているのだろうなぁ、と思い、このホームの次の電車で大丈夫ですよ、と身振り手振りで伝える。
が、、、伝わったのかな、、、というか、小樽駅に到着するまでに〝小樽〟と名の付く駅が2つあるんですけど、迷わないかな。。。

札幌駅から小樽駅へは30分ちょっと、16時ぐらいに到着。
ビジネスホテルにチェックインして荷物を降ろし、さて小樽の街を散策しましょうか。

小樽駅

まずは旭展望台を目指して歩く、有名な小樽運河とは逆側の山側へ。
途中、カトリック小樽教会の富岡聖堂に立ち寄る。

富岡聖堂

そこから小樽地獄坂を登って、地獄坂を越えてもダラダラと登った先に旭展望台に到着。
小樽駅から寄り道しながらで1時間ちょっとぐらい掛かったかな。

いやぁ、なかなかの景色。
小樽市内と海が一望出来る。

旭展望台からの眺め

旭展望台の帰り、道を下っていると後ろから軽トラがやって来て、私の横で止まった。
運転手のおっちゃんが、「下まで降りるなら乗っていくか」って。
おおっ、ラッキー。
なんでも、ご近所さんらしい。

坂道を下ったところで降ろしてもらって、小樽運河の方に歩き出すと、また車が。。。
今度は道を聞かれた、「富岡聖堂に行きたいのですが」と。
うん、さっき行って来たばかりだから、なんとなく道と方向はわかるので、教えてあげました。

小樽運河に向かう途中で晩御飯。
食べ終わる頃には19時を過ぎて暗くなって来た。

途中、日本銀行旧小樽支店の前を通る。
ライトアップされていて、とても綺麗だった。

そして、小樽運河に到着。
ガス燈の明かりが、ほんのり周囲を照らしていて雰囲気が良い、、、とは思うのですが、私を含めて、とにかく観光客が多い(笑)
人が多いので、雰囲気もあったもんじゃない。

小樽運河

まあ、北海道を代表する観光スポットですから、そこは仕方ないかな。

移動距離 : 約390km
釧路駅 〜 帯広駅 〜 札幌駅 〜 小樽駅 〜 カトリック小樽教会(富岡聖堂) 〜 小樽地獄坂 〜 旭展望台 〜 日本銀行旧小樽支店 〜 小樽運河

注意 : Googleマップ仕様の関係上、下車等せず通過した地点も記載したルートになっています。また、当時の正確な移動ルートを再現しているものでもありません。〝大凡〟のルートになります。


vol.22 ← | INDEX | → vol.24

Hits: 0

コメント