みくしい

10月28日に、なにやら発表があるとありましたが。
「mixi年賀状」
。。。。。
もっと、飛躍したアイディアがあるのかと思ってましたが、、、
うーん。
これ、大丈夫なんでしょうか。
そもそもmixiは、「名ばかり招待制」でメールアドレスのみで登録できるシステムでしょう。
最初の登録時に、住所や氏名(もちろん本名)を記入する義務は無い。
「ソーシャルネットワーク」って、相手の顔とかリアルの人間像が見える環境でおこなうのが本来の姿で、そういう意味ではmixiはソーシャルネットワークって感じでは無いんですよね。
文化の違いとか言ってしまえば、それで話が終わってしまいますけど、アメリカだとリアルの顔や本名を普通に公開している人の割合が多い。
で。
送り先の相手と住所、これをどうやって確認するのでしょうか。。。
とある方から私宛に、「○○さんがあなたにミクシィ年賀状を送ろうとしています」という主旨にメッセージが届いたとして。
それじゃぁと、私がmixiの笠原社長の自宅住所を記入したら、どうなるのでしょうか(笑)
笠原社長の自宅住所なんて、知りませんが。
嘘の住所とか入力したら、強制的に退会させられそうだなー
mixiが「それは、あなたの住所ではありません」って、判別できるのでしょうか。
結局、会った事も無ければ、本名さえ知らないような相手にでも、年賀状を出せるわけですよね。
これはもう、「犯罪に使って下さい」って言ってるようなものかと(笑)
まあ、年賀状という事で利用は期間限定みたいですけど。
ああ、それよりも。

受け取り手の住所・氏名などの個人情報は、「来年の暑中見舞いや再来年の年賀状などで再利用する可能性もある」(ミクシィの笠原健治社長)ため同社が保持し、厳重に管理するとしている。

こっちの方が凄く怖い。

Hits: 0

コメント