エレクトロニカ

モジュラーシンセ考察

モジュラーシンセ考察 22

モジュラーシンセが扱うモジュールの中で、〝ミキサー〟モジュールと、主にAudio信号に特化した〝エフェクター〟(リバーブやディレイ等)モジュールがありますが、なぜかモジュラーシンセを使い始めた当初から、あまりモジュラーシンセのモジュールとして使う事には、あまり興味が無いというか、けっこう消極的なんですね。
モジュラーシンセ考察

電音ハッカーズ vol.7.5 モジュラー漫談補完篇03

モジュラーシンセのモジュールの種類っていっても、大体は〝カレー〟と〝ラーメン〟の2種類しか無いんですよね。 そこからカツカレーとかチーズのせとか、みそラーメンとかチャーシュー大盛りとか、細かく細分化されていくわけですが。
モジュラーシンセ考察

電音ハッカーズ vol.7.5 モジュラー漫談補完篇02

そうは言っても、「難しいですよね?」と、明らかに「いあいあ簡単ですよ」という回答を期待するような聞き方をしてくる方もいらっしゃるわけで、そこはね、ほら、やっぱり期待に応えたいところじゃないですか。 えぇ、はっきりご期待に応える回答は出来ると思うんですよ.....
モジュラーシンセ考察

電音ハッカーズ vol.7.5 モジュラー漫談補完篇01

まずモジュラーシンセの『魅力』って、何なんだろう、という話。  んなモン、「使うオレの勝手だろう」、っていう話で見事なまでに完璧な回答となるわけですが、それではモジュラー漫談にならないので、続きを考えてみるわけです。
モジュラーシンセ考察

モジュラーシンセ考察 21

モジュラーシンセに関するアレコレな事を書き綴り、特に役立つ情報も無く、オチする存在しない〝モジュラーシンセ考察〟。
モジュラーシンセ

電音ハッカーズ vol.7.5 考察

3月24日(日)に開催する『電音ハッカーズ vol.7.5』。 私は〝モジュラー漫談〟というお題?で、モジュラーシンセ・ワークショップをする予定です。 楽器屋さん等が主催するシンセ系ワークショップよりも、もっと砕けた感じで、役立つ話や知りたい話はもちろん(大丈夫かなぁw)、時にはタブーな話題まで(爆)、垣根無くお話し出来ればと考えております。 さてさて。 何処まで期待にお答え出来るようなお話しが出来るか、、、という感じでございますが、以下のような話題を中心にしてアレコレとお話しをしてみたいと思っています。
モジュラーシンセ

モジュラー入門・第四回目「お手軽キック」

唐突ですが、キック(バスドラム)の音を作ってみましょう。
モジュラーシンセ

モジュラー入門・第三回目「音の出し入れ」

出っぱなしの信号を好きなタイミングで切ってしまう方法で、音を止めたり出したりしてみましょう。
モジュラーシンセ

モジュラー入門・第ニ回目「複数信号ミックスと音程変化」

使用するモジュールを増やして、複数信号ミックスと音程変化を付けてみましょう。
モジュラーシンセ

モジュラー入門・第一回目「とりあえず音を出してみよう」

ここで一つ小話。モジュラー・シンセサイザー(以下、モジュラー)は沢山のケーブルでパッチング(ケーブルを接続していく作業)していく事で、信号の流れが生まれて音が発生します。その信号には色々な呼び名があります。