日本一周一人旅アーカイブ 1992-1993 vol.57

日本一周一人旅アーカイブ

今から28年前。1992年〜1993年に掛けて、約2ヶ月間の駆け足で巡った日本一周一人旅を、当時の旅日記と残っていた資料、そして遠くなった記憶を頼りにアーカイブ化していきます。
ただ、さすがに記憶が曖昧なのと、28年前にもなるので、もう今は存在しない場所や建物、宿泊施設。また廃止された路線等もあるかと思います。また地図を載せている場合も、正確な移動ルート等を現していません。
アップしていく写真も、今から28年前のプリントをスマホで撮影しています。現在とは様子も変化している事でしょう。
このアーカイブ化していく情報は、全て28年前の情報となります。
当時の事を、旅日記をメインにして簡単にまとめて行きますが、もしかすると記憶違いな事を書いてしまう可能性がありますので、ご理解頂ければと思います。

1993年10月12日(火) / 晴れ

今日は朝、ゆっくりで出発。
郵便局に立ち寄ってから宇和島駅へ。

まだ電車の時間まで30分はあるので、パン屋さんで朝御飯。
今日は中村駅まで行くつもりなので、かんぽの宿があるみたいなので、電話するも繋がらない。
あれ、なんでだろう。。。

そして、乗る電車の改札が始まったのでホームへ行くと、ワンマンカーで。

そこそこ乗客も多い。

出発。
次の北宇和島駅で昨日、乗って来た予讃線と分かれて、予土線に入る。

しばらくすると、いっきに山間部へ入っていった。

この電車、土日祝日は後ろにトロッコ車両を連結して走るみたいなんだけど、今日は平日なのでワンマンカーのみで走ってる。
どんどん山の中に入って行って、江川崎駅に到着。本来、ここからトロッコ列車として走るみたい。

現在もトロッコ列車は運行されていますね。

江川崎駅で、そこそこ乗客が降りて行った。

江川崎駅から、いよいよ四万十川沿いを走る。
険しい山間部、蛇行する四万十川と並行して走りながら、時折トンネルでショートカットして行く。

江川崎駅の次が、鉄道ファンにはお馴染みの、半家と書いて〝はげ〟駅だ。
電車の中から写真を撮る。

この四万十川沿いは、秘境ルートっていう雰囲気の線路や駅が続く。
ワンマンカーなので、車両後部に行くと、四万十川を渡っては左へ右へ、線路も蛇行しながら進んでいるのが良くわかるし、トンネルと鉄橋、川や山のコントラストの風景が、とても綺麗だ。

景色を見たり、座ってゆっくりしたり。
日本一周の中でも、屈指の秘境感で楽しい。

だいぶ進んで、最初は土佐くろしお鉄道との分岐点、若井駅で乗り換えようと思っていたけど、無人駅だったので、その次の窪川駅まで乗る事にした。

宇和島駅を出て約2時間ちょい、窪川駅に到着。
ここで、土佐くろしお鉄道に乗り換えだ。

土佐くろしお鉄道の切符は持ってないので、乗り継ぎ改札からは出れないから、一旦、駅を出て、隣の土佐くろしお鉄道の窪川駅で、中村駅までの切符を買う。

改めて窪川駅を出発、1つ戻って若井駅を過ぎてから土佐くろしお鉄道の路線へ。
ここでループ線に入るんだけど、左右の窓を行ったり来たりして見ていたけど、何処をどう回っているのかよくわからなかった。

土佐くろしお鉄道の路線に入ってしばらくすると、海が見えて来た。
さっきまでは、凄い山深い中だったのに。

窪川駅から1時間ほどで、中村駅に到着。

駅を出て荷物を置いて、とりあえず再度、かんぽの宿に電話すると、、、あ、繋がった。。。

あれ、、、全然違うところにかかった。。。
あれ、、、?

仕方ないので、最寄り地図を貰いに観光案内所へ。
貰った地図に、かんぽの宿も載っていた、、、電話番号、間違えてた。
案内所の人に聞いてみたら、「かんぽの宿は駄目だと思うよ」って、電話してもらったけど、やっぱりアウトだった。

この近くに、新安並温泉があるみたいで、民宿を紹介してもらった。
なんと、私と同じ苗字。

そういえば、〝安並〟っていう姓は、高知県に多いって聞いた事はあったけど。

とりあえず民宿に入って、荷物を置く。
まだ15時だし、ちょっと散策しよう。

貰った地図を頼りに散歩。
史跡コースは、色々と散策コースが、徒歩とかレンタサイクルで巡れるみたい。

大通りを歩いていると、ちゃんとイラスト等で散策ルートの道標が立っている。

太平寺に行ってから、不破八幡宮へ。

太平寺から出ようとした時、レンタサイクルで周られているっぽい女性とすれ違った。

不破八幡宮は四万十川沿いにあるので、そのまま四万十川に出てみたけど、この辺りは河口付近なので川幅も広くて、何処から河岸に近付けば良いか、よくわかんない。

予土線で見た四万十川は、あんなに険しい感じだったのに。

ウロウロしながら、降りるところを見つけて河岸へ。
対岸では、ショベルカーやらダンプカーがいて、なんだろ、護岸工事でもしているのだろうか。

なんだろ、あんまり良い景色ではないし、自然のままで良いのにね。
洪水とか色々あるんだろうけど。

戻ろうかなと思ったら、一匹の犬が私に近付いて来て、突然吠え始めた。
ええ、、、首輪してるっぽいけど。

こんなトコで噛まれたらシャレにならん。

やたら吠えまくるし、どうしようかと思って、とりあえず睨み返していたら、何処かに行ってしまった。
なんなんだ。。。

河岸から戻って、少し川沿いを歩いて、別のところからまた河岸に行こうかなと思ったけど、よくわからなかったので、引き返して駅へ。

駅で少しウロウロしてから民宿に戻った。

民宿で晩御飯、そしてお風呂。
シャワーが冷たくなったり熱くなったり、全然調整出来なかった。

移動距離 : 約129km
宇和島駅 〜 窪川駅 〜 中村駅 〜 太平寺 〜 不破八幡宮 〜 中村駅

注意 : Googleマップ仕様の関係上、下車等せず通過した地点も記載したルートになっています。また、当時の正確な移動ルートを再現しているものでもありません。〝大凡〟のルートになります。


vol.56 ← | INDEX | → vol.58

コメント