がもよん〝とりから〟第二次大戦勃発

がもよん

みんな大好き〝とりから〟。

そう、唐揚げ。

そんな〝とりから〟を巡り、大阪市は城東区、蒲生四丁目。
通称、がもよん。

がもよんを舞台にして、静かなる〝とりから〟大戦が勃発しようとしている。

注意 : 私の妄想です。


それは、城東商店街の外れに、1軒の唐揚げ専門店がオープンしたのが全ての始まりでした。

揚げたてお持ち帰りの専門であった事と、商店街の入り口近くに店舗があったので、ほどなく商店街を利用するお客さんにも知られるようになったと思います。

仮に、このお店をY店としましょう。

ほどなくY店は、がもよんで2店舗目をオープンします。商店街から歩いても2,3分という近い場所で、鶏肉メインの居酒屋でした。
昼は商店街で、唐揚げのお持ち帰り専門店。夜は居酒屋で鶏肉や唐揚げをツマミに呑めるお店、という感じになりました。

更にほどなくして、2店舗目のお店の隣が空き家になり(隣も飲食店だった)、その空き家になった店舗もY店になり、お店が拡張されて、お持ち帰りの窓口になりました。

それから少し経った頃でしょうか、元々最初にオープンした商店街の方は閉店されてしまいました。

しかし。

ここから、世に言う『がもよん〝とりから〟第一次大戦』が勃発しようとは、誰が想像したでしょうか。

注意 : 私の妄想です。

しばらく、元々Y店があった商店街の外れの店舗は空き家のままになっていました。

そして、ある日。
フト、その前を通りがかった時です。

揚げたて唐揚げのお持ち帰り専門店、K店がオープンしていたのです。

なんと言う事でしょう。

Y店が徒歩2,3分ほど離れた場所に移転後、この元々の場所に全く違う唐揚げ専門店がオープンしたのです。

元々Y店が最初にオープンして、その後、K店がオープンした、商店街の外れ。
道を挟んだ反対側は、マッサージ店がありました。
ずいぶん長く営業されていたお店でしたが、K店がオープンしてからしばらくして閉店されてしまい、空き家になっていました。

そんな、ある日。
その空き家になっていた、元マッサージ店で改装工事が始まりました。
なにやらカウンターとかもあるので、飲食店が入るのかな、と思っていました。

そして、いよいよ元マッサージ店が改装工事を終えて、飲食店舗がオープンしました。

Y店の唐揚げお持ち帰りも出来るカフェ。

「えっ?」

元々Y店があった場所には、K店が入っている。
その真向かいに、元々あったY店が新たにカフェをオープンさせた。

Y店が新たにオープンさせたカフェも、もちろんメインは唐揚げであり、お持ち帰りを宣伝している。

ここに、がもよん〝とりから〟第一次大戦が勃発したのである。

注意 : 私の妄想です。

それから2年ほど経った現在、Y店もK店も健在です。

が、

が、です。

2021年7月11日。

がもよんに激震が走る事になった。

なんと、城東商店街の中、それも一番人通りが多い分岐点の角に、焼き鳥と〝唐揚げ〟のお持ち帰り専門店、E店がオープンしたのです。

街中で、焼き鳥メインの居酒屋をよく見掛ける事はありますが、徒歩30秒圏内に〝とりから〟お持ち帰り専門店が3店舗という緊急じゃないけど、とりあえず非常に辞退しないぞ生き残るぞ宣言。

そう、まさに。

がもよん〝とりから〟第二次大戦に突入。

注意 : 私の妄想です。

と、まあ(笑)

「どうすんだ、これ?」って感じですが。

とりあえず、がもよん城東商店街に接近した際には、食べ比べでもして頂ければと思います。

以下、店舗情報を『食べログ』からリンクしておきます。
各店舗、SNSもされているようなので、もし興味があれば検索してみて下さい。

ヨシナリのカリッ揚げ 蒲生本店 - 食べログ

YOSHINARI’S CAFE&BAR - 食べログ

からあげ組 - 食べログ

ゑびすや 今福店 - 食べログ
※オープンしてまもない為、まだ食べログにはページがありませんでした。

さて、私の妄想大戦は終わりにして(笑)、次はがもよん〝ドラッグストア〟大戦について。。。

(おいw)

コメント