あき竹城さん

Diary

あき竹城さん、亡くなられたのか。。。
女優業というより晩年というか、バラエティ番組によく出ていた頃の印象があるぐらいなのですが、、、
 
子供の頃。
保育園の頃だったか、せいぜい小学1,2年までの頃で遠い記憶なのですが、あき竹城さんに遊んでもらった事があるんですよ。
 
うちの両親は、どちらも舞台関連の仕事をしていて(母は結婚して直ぐに専業主婦になりましたが)、私が小さかった頃は、当時の梅田コマ劇場(現在、HEP FIVEがある場所)に連れていかれて、楽屋とか仕込み中の舞台やらで遊んでたんですよね。〝奈落〟からセリで上げてもらったりした記憶が(爆)
(父の職場でした)

たぶん夏休みとか、そんなタイミングでよく連れて行かれていたような気がします。

当時は1ヶ月とかのロング公演が普通の時代で、前半がお芝居、後半がメインの方のコンサート、という感じだったと思います。

舞台での通し稽古とか始まる頃になると、楽屋には舞台俳優さんや、色々と入られるわけですよね。
そんな中でも、楽屋とかウロチョロしてて、あき竹城さんとか花紀京さんに遊んでもらった記憶があるんですよ。
確か、あき竹城さんから頂いた手鏡だったか、母が大切にしていた記憶もあります。

他の著名な方々にもお会いしていたかもしれませんが、記憶にないんですよね。。。

で、ずいぶん後からになって知った話なのですが、どうもうちの母は、私を子役にさせたかったらしくて(笑)、要は芸能界にコネをつくろうという魂胆もあったらしく、その事を知った花紀京さんに凄く怒られたそうなんですよ(爆)

まあ、もしかしたら私の人生、モジュラーおじさんではなかったかもしれない、という事ですわね。(無理)

考えてみれば、定職に就く前、大阪共立さんにアルバイトで入って舞台音響の仕事をしたり(小屋周りやTV番組の収録、野外イベント等々、色々な現場を体験しました)、っていうのも、なんだかんだ辛い思いしながらも(笑)自主企画イベントやってるっていうのも、この子供の頃の舞台を創る側(裏方)を見て来た体験が、無意識の何処かで残ってるからなんだろうと思ったり、、、思わなかったり。

75歳かぁ。。。
2年ほど、癌の治療をされていたような記事だけど、、、

ご冥福をお祈りいたします。

コメント