日本一周一人旅アーカイブ 1992-1993 vol.20

日本一周一人旅アーカイブ

今から28年前。1992年〜1993年に掛けて、約2ヶ月間の駆け足で巡った日本一周一人旅を、当時の旅日記と残っていた資料、そして遠くなった記憶を頼りにアーカイブ化していきます。
ただ、さすがに記憶が曖昧なのと、28年前にもなるので、もう今は存在しない場所や建物、宿泊施設。また廃止された路線等もあるかと思います。また地図を載せている場合も、正確な移動ルート等を現していません。
アップしていく写真も、今から28年前のプリントをスマホで撮影しています。現在とは様子も変化している事でしょう。
このアーカイブ化していく情報は、全て28年前の情報となります。
当時の事を、旅日記をメインにして簡単にまとめて行きますが、もしかすると記憶違いな事を書いてしまう可能性がありますので、ご理解頂ければと思います。

1992年9月3日(木) / 晴れ

あー、まだ雨が降ってる。
雨が止んでいたら、改めてレンタサイクルで大函まて行こうかと思っていたけど、こりゃ無理だな。
残念。
仕方ないので、予定より早い目、8時40分のバスで上川駅へ戻る。
そのままタイミング良かったので、9時22分の特急『オホーツク』で網走まで行く事にした。

特急『オホーツク』は、現在も札幌〜網走間を結ぶ特急列車として運行されています。

途中、遠軽駅でスイッチバック。
列車の進行方向が逆になるやつですね。
普通、峠越え等で十分なスペースが無く、急登をクリアする為にジグザグな方法で登って下るのに用いられる事が多いのですが、この遠軽駅のスイッチバックは。拓けた場所で山間部でもない、平面スイッチパック。
スイッチバックというより、どちらかといえば終点の駅に着いて、再び出発するようなイメージ。
ただ、もちろん遠軽駅は終点の駅でも、なんでもありません。
終点でもないのに平面スイッチバックする駅は珍しいそうです。

鉄道で旅をするのが好きだと、こういうちょっとしたイベント? も楽しい。

12時半過ぎに、網走駅到着。
雨が止んだり降ったりで、風も強くなってきた。

うーん、どうしようかなあ。
網走で1泊するなら時間もあるし、やっぱりここは〝網走刑務所〟(博物館『網走監獄』)と、あと〝天都山〟という所も良さそう?、バスの時間とは調べてみたけど、雨がなあ。。。
風も強くて肌寒いし、、、あまり動く気分になりない。
 
とりあえず郵便局に行って。また駅に戻ってきて、、、
次に立ち寄るとしたら、やっぱり摩周湖だよね、と。

それだったら、摩周湖まで移動してしまって泊まろう。天気は明日に期待しよう、という事で、再び移動。

居眠りしていたら、摩周駅到着ちょっと前に目が覚めた。
危ない、危ない。
こんなところで寝過ごしたら、もう戻れないし、町中を外れたら駅で野宿するしかない。
 
摩周駅には16時頃に到着。
早速、駅で宿を紹介してもらうと、摩周温泉ですんなり決まった。

摩周駅

駅からバスに乗って、、、宿にはやたらバイクが停まってた。
ライダーハウスなのかな?
相部屋とか、そんな感じでは無かったけどバイクで一人旅している宿泊客が多くて、晩御飯の時に色々と話をしました。
 
風は強いままだ。

移動距離 : 約308km
層雲峡 〜 上川駅 〜 遠軽駅 〜 網走駅 〜 摩周駅

注意 : Googleマップ仕様の関係上、下車等せず通過した地点も記載したルートになっています。また、当時の正確な移動ルートを再現しているものでもありません。〝大凡〟のルートになります。


vol.19 ← | INDEX | → vol.21

Hits: 0

コメント