シンセフェスタ2013大阪が終わりまして

11月23日、「シンセサイザーフェスタ2013大阪」が無事に終了致しました。

楽器店へ足を運ばれたみなさま、スタンプラリーに参加されたみなさま、ありがとうございました。
そして各楽器店スタッフ、メーカーのみなさま、イベントに出演されたアーティストのみなさま、お疲れ様でした。

facebookページに色々と写真がアップされています。

最初、REONの荒川社長からお話を頂いた時は、果してメンドクサガリの大阪人が、楽器店を巡るスタンプラリーをして(参加楽器店のうち、最低でも3店舗は巡る必要がありました)、ゴールである「エレクトリックカフェ」会場まで足を運ぶだろうか、という疑問が凄くあったのですけど(笑)

しかしながら、フタを開けてみると。
「エレクトリックカフェ」会場、第一部と第二部共に(基本的なイベント内容は同じで、お客さんの入れ替え制)、会場内そこそこ満員というか、特に第一部は少し蒸し暑くなるぐらいで、空調付けたぐらい。合わせて100人ぐらいは来られたんじゃないでしょうか。
それに参加楽器店の全7店舗全て巡られた方も、意外に多くてビックリ。

またスタンプラリーには参加せず、「エレクトリックカフェ」会場へ来られなかったお客さんでも、お目当てのメーカーのブースがある楽器店へ足を運んだ人は多いようで、参加した各楽器店で、それなりに人の動きはあったみたい。

天気も良かったですしね。

時間の無い中での準備だったかと思いますが、今回のシンセフェスタ、良い感じで終われたんじゃないでしょうか。

なにより、私としては楽器店に足を運ばないと、色々な事が始まらないという考えもあったので、その目的をある程度は達成していたのではないかな、という感じです。

まぁ、個人的な反省点は多々あるのですが、それは次回へのリベンジとさせて頂きます(笑)

Continue reading

implant4さんがお引っ越し

大阪にある中古シンセ専門店「implant4」さん。

http://www.implant4.com

11月23日(土)で一旦、現店舗での営業をお休みにして、年明けからは新店舗での営業再開という事になったそうです。
店舗営業はお休みに入りますが、11月23日以降も電話やネットでの買い取り&販売は通常営業しているとの事。

あぁ、今週末で、一旦お休みじゃないか。
23日は、私自身もシンセフェスタに参加する為、身動きとれない。

そんなわけで、仕事帰り、、、営業時間外でしたが、ご無理を言って、現店舗の見納め(笑)に行って来ました。

私がimplant4さんの存在を知ったのは、確か2006年の暮れぐらい。
ちょうど楽器類の総入れ替えしたい気持ちが高まって来た頃で、シンセの買い取りをソフマップにでもしてもらうかと考えていた頃でした。
こんなシンセ専門店が近所にあるんだったら、そこで買い取ってもらった方がいいな、と。

そこで、年が明けて2007年の春ぐらいに、ごっそり機材を買い取ってもらい、その時のお金を元手にして、implant4さんから幾つかシンセを買ったんですよね。

それから、ちょくちょくお店に伺うわけですが、そこでシンセ好き音楽好きなお客さん達と知り合う事になるわけですね。

そんな2007年末、その年は大阪でシンセサイザーフェスタが開催される、、、と。1年毎に大阪と東京で開催されている、シンセサイザー祭り。そこで、implant4さんがヴィンテージシンセのコーナーを担当されるという話になったんですよね。

シンセフェスタには、もう興味もあまりなくて(前回の大阪、2005年のシンセフェスタには遊びに行ったんですよ)行く予定はしてなかったのですが、implant4さんが参加するなら、それ目的で遊びに行くかな、と。
更にimplant4さんで知り合う事になった、大阪のシンセ開発メーカー「REON」の荒川社長、そのREONのMoog IIIcモジュラーシンセのクローン、REONモジュラーのフルセットの開発が間に合うという事で、その展示もやる、という話になって。

たまたま、2007年のシンセフェスタでは「シンセサイザーパフォーマンスコンテスト」という企画イベントがあって、シンセを使ったオリジナルの演奏を送って、一次審査を通過した方は、シンセフェスタ当日にステージで披露する、という企画。

implant4さんとREONさんで、モジュラーシンセ展示するなら、私もモジュラーシンセで「シンセサイザーパフォーマンスコンテスト」に、何か送ってみますわ(笑)

ホンノ冗談のつもりで送ったんですね。
自宅で普段からやっている、適当にジャムって、それこそデタラメに出してるような音を録って、CDに焼いて送った。

そしたらですよ、、、突然、リットーミュージックから電話掛かってきて、「一次審査合格されましたので、シンセフェスタでお願い出来ますか」って(爆)

おいおいおいおい。。。
冗談で、あれ、適当だったんだってば(笑)

思わず、「あの、CDと同じ事が出来ないんですけど、、、」って言ってしまいましたよ(爆)

仕方ない、とりあえず出ないと。
でも、人前で音を出すというのは、ローランドミュージックスークル関連で年1,2回はやっていたので、人前でやる事自体は問題無いのですけど、、、あまりにも適当に使ってきたモジュラーシンセなので、そこにどうやって「人前でやる理由」を作っていくか、、、

えー、どうすりゃいいのー

そこで考えて考えた結果が、「白衣」姿でやる(笑)

これも、実は元ネタはあって、私がメインで使ってるDoepferというメーカーのモジュラーシンセなんですけど、そのメーカーが楽器ショーの時、スタッフ全員白衣姿で対応していて、蒼然と並ぶモジュラーシンセの背景とあまりにも溶け込んでいて、これはカッコイイな、と(笑)

もう、ネタはそれぐらいしか思いつかなくて。

で、白衣姿でやったわけですよ。

当日の模様は、こちら

そして、テルミン使い、フェイターンさんとの衝撃的な再会(笑)
たまたま遊びに来ていた、b_tさんとの出会い。
その他、沢山の方から、声を掛けてもらえた。

あれから6年が経ち、このシンセフェスタが切っ掛けで、凄く音楽を通して人の輪が広がった。

シンセ好きとか、テクノ好きとか、もう、そこに留まらない感じで、そこの壁を越えて色々な方々と出会えたし、私の事を知ってもらえる切っ掛けになった。普通にサラリーマンやってる私には、本来なら出会う切っ掛けすら無いであろう方々にも。。。

そして振り返ってみると、その原点は、このimplant4というお店、ここが始まりでした。

この店を知らなかったら、たぶん、こんな沢山の人と出会える事もなかっただろうし、こうやって定期的にライブをするという事なんて、まず有り得なかったはずです。

単なる楽器屋という空間以上の、何かがその場所にあったんだろうと思います。
本当にimplant4さんには感謝の気持ちです。

、、、なかなかシンセ買ったり出来なくて、すいません(笑)

今週末の11月23日、シンセフェスタ2013大阪が開催されます。

今回、REONの荒川社長さんからのお話で、6年ぶりに私も参加させて頂く事になりました。
2007年のコンテストで御一緒したニコライさんは、JSPAスタッフとして司会進行役で参加されます。
ここも、人との繋がりで参加させて頂く事になった。
ゴール地点のエレクトリックカフェで、EURO Rackモジュラーシンセの展示と実演を致します。
白衣姿(笑)で会場にいますので、気軽に声を掛けて下さい。御興味あれば、モジュラーシンセを実際に触って頂けます。

普段、機材なんてネットで買うよ、という人も、せっかくなので、楽器屋さんに足を運んではどうでしょうか?
楽器屋さんは楽器だけでなく、人が集まる時間と空間も提供しています。それはネットで買い物するのとは、また違った発見や楽しさ、面白さがあると思います。

その経験者が、私自身です。

散歩がてら楽器屋さんに行って見ましょうよ。

【イベント】「シンセサイザーフェスタ2013大阪」

2013年11月23日
「シンセサイザーフェスタ2013大阪」
http://jspa.sakura.ne.jp/sf13/

SynthFes03

今回、シンセフェスタのゴール地点である、コンピューターミュージッククラブDee会場「エレクトリックカフェ」にて、EUROラックモジュラーシンセの展示&実演をする事になりました。

当日は、集まったお客さんにも、実際にモジュラーシンセに触ってパッチングして頂こうと思っています。

SynthFes02

現代版のリアルモジュラーシンセである、「EURO Rack」仕様のモジュラーシンセ。
残念ながら関西で実機を展示や販売している楽器店はありませんので、御興味のある方は、ぜひスタンプラリー完結をして頂き(笑)、Deeへお越し下さい。

「エレクトリックカフェ」のオープンから、第一部と第二部共に、松武さんのイベント等が始まるので時間帯で、断続的にモジュラーシンセで音を奏でていると思います。

SynthFes01

御興味のある方は、お気軽に声を掛けて下さいませ。
たぶん、当日は、、、白衣を着ていると思うので、直ぐに私がわかると思いますので(笑)

それでは、みなさま、よろしくお願い致します。

※注意
ゴール地点であるコンピューターミュージッククラブDeeにて開催される「エレクトリックカフェ」入場には、シンセフェスタ参加楽器店の、北エリア、または南エリアの各楽器店のスタンプが必要です。
詳しくは上記、オフィシャルサイトで御確認下さい。

食通モドキ

阪急阪神ホテルズ

メニュー掲載とは違う食材を使っていた件。
うん、まぁ、、、これ、内部告発とかだったんですかね?
そのアタリは、特に興味が無いので(笑)調べてませんが。。。

当初の「認識不足」という表現から、一夜にして「偽装と思われても」という言い回しになり、社長辞任へ。

「認識不足」という表現のままだと、ホテル業界全体への不信感、その次に食品業界への不信感と、色々と困る人達が出て来るんだろうなぁ、と。

そこで、「偽装」って言い方にしちゃって、悪いのは、あくまでも「ホテルで働く人達」にしちゃえば、みたいな?

なんていう、妄想をしつつ。

どちらにしても、トカゲのしっぽ切り、ですわなぁ。

Continue reading

天婦羅「川原崎」

久しぶりに天婦羅を食べて来ました。
大阪には「一宝」という、たぶん大阪で一番の天婦羅屋さんがあるのですが(さすがに行った事ないですがw)、そこで修行をされていた方が去年末に独立して、オープンした店なんですね。

天婦羅「川原崎」
http://tabelog.com/osaka/A2701/A270103/27070191/

南森町にあるのですが、日本料理「宮本」さんの直ぐ近くだったりします。

店主と女将さんも気さくな感じで、堅苦しく無い雰囲気で、ゆっくり出来ました。

とりあえず一番安いコースにして、後は食べたい食材を単品でアレコレと注文。メニューには載ってない食材とかも、お薦めとか色々と聞いて注文しました。メニューに載ってないので、いったい、それが幾らだったのか、謎ですが(^^;;
ワインと日本酒も、なかなか良いものを揃えているようでしたよ。

中でも、これは凄いなー、と思ったのが、生卵の「黄身」だけを、そのまの、ころもをつけて揚げる、「キミの天婦羅」。

店主から話を聞いた時は、「えっ?」って(笑)

「生、そのまま揚げるんですか?」、ってwww

修業時代の「一宝」で、師匠が客の目前で披露していた技だったそうで。

本当に丸い「黄身に薄くころもで化粧した感じで揚がって来ました。
表面の薄く揚がったサクサク感と、中の半熟とろーり感が絶妙。

牡蠣の天婦羅も美味しかったなぁ、、、あ、牡蠣といえば柿(爆)
店主曰く、果物の天婦羅は今一つ好きでは無いそうなのですが、イチジクと柿の天婦羅は美味しいですよ!!、と。
どちらも頂きました、、、甘みが更に増して、、、これは完全にデザートですねー、美味。

もう一流の腕を持つ料理人を目にすると、質問しまくる妻(笑)

店主の話で、「へぇ〜」って感じたのが、、、まぁ、素人考えでいくと、食材によって揚げる油の温度とか色々と難しいのだろうと、、、で、一番揚げるのに難しい食材って何ですか、、、みたいな話になって。

店主が、「うーん」って考えて。

技術っていうよりも、食べてもらうタイミングが一番難しいんですよ、って。

天婦羅は、いつ食べてもサクサク感が無いと駄目でしょう、て。
客の箸の進み具合を見て、そろそろ次を食べたそう、、、っていうタイミングで、揚げたてを出す。

それが1分遅れたら、もう駄目なんですよ、って。

あと、油。
一度、油の機嫌が悪くなると、幾ら良い食材と腕を持っていても、もう駄目、って。

へぇー、って。

ころもも、食材によって微妙に変えてるんですよね。

そんな話は、本当に興味深くて、聞いていて楽しいです。

カウンター席しかないので、行く時は予約をお薦めしますよ。

【ライブ告知】shin akiyama dmx sculpture: compositions for “nu things“ ‎‎‎‎– Minimal Fluid –

2013.10.20
「shin akiyama dmx sculpture: compositions for “nu things“ ‎‎‎‎– Minimal Fluid -」

大阪阿波座nu things
18:00-23:00
2000yen(inc 1drink)
http://goo.gl/hBB3kj


大きな地図で見る
秋山伸氏による光学装置を用いた”dmx sculpture”されたフロアで開催される、電子音楽イベント「Minimal Fluid」。光と電子音が交差しスパークする刺激的なライブになると思いますよ。

さてさて、私は、どうしようかな。

今回、基本は全て「正弦波」だけでやろうかな。
iPadも使うつもりだけど、正弦波縛りなので、アプリはDXiを使おうか(笑)

Minimal_Fluid

「リズム」的に聴かせる趣向でやれたらいいかな。ミニマルの解釈を広げていくイベントでもあるしね。ライブ展開の中でリズム入れる事はやってますけど、私が90年代に聴いていたようなディープなミニマルみたいなフレーズは、やった事が無いので、そんな方向性でモジュラーシンセを操れたら面白いかな、と。

19 , 20日の二日間開催です。
私は、20日の方でライブ出演致します。

ぜひぜひ、秋の夜長、ディープでどぉーぷな電子音を、ゆるりと聴きに来て下さいませ。

【Cutting Art & Live】亀井麻里+石立敏保 Presents:ENGRAVEー刻み込むー

【Cutting Art & Live】
亀井麻里+石立敏保 Presents:ENGRAVEー刻み込むー

ENGRAVE

http://goo.gl/1JeuJa
大阪阿波座 nu things
http://nu-things.com/

大きな地図で見る

2013,8.24
open 18:00 / 1,500yen (exclude 1drink)
2013,8.25
open 15:00 / 1,500yen (exclude 1drink)

今週末です!!
Cutting Art作家、亀井麻里さんのライブアート・パフォーマンス+ダンス&ミュージックのコラボレーションイベント。

私は、8月25日(日)に参加させて頂きます。

亀井麻里さんの空間アートに、モジュラーシンセから放たれる純電子音が、どれだけ境界線なく溶け込めるか、そんな感じで奏でてみたいと思っています。

IMG_0442

何時ものライブよりも、音響的ノイズ的空間的要素を考えてみたいと思ってます。
(出来るかなぁ。。。^^;;)

サンレコでモジュラーシンセ特集もありましたので、モジュラーシンセに御興味のある方も、ぜひ遊びに来て下さいませ。関西でモジュラーシンセを観る機会も少ないと思います。

真夏の昼下がり、アートとミュージックで涼みに来て下さいませ。
※8月25日は、15時からのオープンです。時間が早いので御注意下さい。

P.S.
フライヤーを以下のお店に置いてもらってます。お立ち寄りの際は、ぜひ手に取ってみて下さいね。
・implant4
http://www.implant4.com/
・ナカイ楽器
http://www.umenaka.com/
・FAT!FAT!FAT!
https://www.facebook.com/FAT.FAT.FAT.33/
・トート音楽院 梅田
http://www.roland.co.jp/school/sch/02807900_01/

上記の3トラックは、モジュラーシンセだけによるシンプルなシーケンスフレーズです。
「ENGRAVEー刻み込むー」をイメージしてみたものですが、ライブ当日、実際にどんな音を出すかは、その時々のパッチング次第ですので、私も当日の音は、まだ深い闇の中です(^^;;
ダウンロード可ですので、御自由にお使い下さい。

野外レイヴ・フェスと親と子と

こんな記事がありました。

「ロック・フェスは幼児虐待の道具になっていないだろうか(山崎智之) – Y!ニュース 」
http://bylines.news.yahoo.co.jp/yamazakitomoyuki/20130807-00027092/

この記事を読んで、真っ先に思う浮かんだのが、子供を車に置き去りにしたままパチンコへ行く親とか、ここ最近の風営法取り締まり強化で問題視され始めた、お客のマナー、とか、その辺りのコト。

野外レイヴ・フェス自体云々以前の話として、そういうマナーの悪い客が増え続けているのが、最大の問題なんだと思うんですよ。

私自身は野外レイヴが大好きですし、そんなに毎年毎年アレコレと飛び回る時間もお金も無いので、ぜいぜい年に1回行ければ良い方で。

Continue reading

【Cutting Art & Live】亀井麻里+石立敏保 Presents:ENGRAVEー刻み込むー

【Cutting Art & Live】
亀井麻里+石立敏保 Presents:ENGRAVEー刻み込むー

ENGRAVE

http://goo.gl/1JeuJa
大阪阿波座 nu things
http://nu-things.com/

大きな地図で見る

2013,8.24
open 18:00 / 1,500yen (exclude 1drink)
2013,8.25
open 15:00 / 1,500yen (exclude 1drink)

Cutting Art作家、亀井麻里さんのライブアート・パフォーマンス+ダンス&ミュージックのコラボレーションイベント。

私は、8月25日(日)に参加させて頂きます。

亀井麻里さんの空間アートに、モジュラーシンセから放たれる純電子音が、どれだけ境界線なく溶け込めるか、そんな感じで奏でてみたいと思っています。

IMG_0442

何時ものライブよりも、音響的ノイズ的空間的要素を考えてみたいと思ってます。

真夏の昼下がり、アートとミュージックで涼みに来て下さいませ。
※8月25日は、15時からのオープンです。時間が早いので御注意下さい。

最近の台所事情

今、野菜類の大半は、九州で複数の農家が集まって立ち上げた会社から直接ネットから購入(届く野菜は、その複数の農家から穫れた野菜)と、この和歌山県の個人でネット受付で購入できる農家さん、毎月交互に注文する形で買っています。

自分が欲しい野菜類「だけ」を注文する事は出来ないんです。
注文したタイミングで、その日に収穫された野菜類がランダムに集められて、送られて来ます。
逆に言えば、その日に収穫できた野菜類が、そのまま届くので凄く新鮮です。これらの野菜を見るようになってから、スーパーで売られている野菜は、収穫されてから何日ぐらい経ってるんだろう、と思うようになりました。

見た目も食感も、明らかに違うので。

まあ、月に1回頼めば、妻と二人だけですので、ほぼ大丈夫。
どうしても足りない、または欲しい野菜がある時に、近所のスーパーで買うぐらい。

買い物する量が減って、荷物運び担当としては助かる、、、(爆)

ネットを使って農家から直接に野菜を買うようになった切っ掛けは、もちろん福島第一原発事故です。

でね。
お米とか、大豆が原料の食品なんかも、ちょっと買うのを探し始めた。

お米も九州の同じ所から。
買う前はね、安全性はともかく、味がどうかなぁ、、、という心配があったんですけど、いやこれが、見事に美味しい。
もはや、東北のブランド米である必要なんて、皆無だなぁ、と実感。
たぶんね、頑張って品種改良を続けて来たと思うんですよね。どんなに頑張っても、東北のブランドには敵わない中でも。
お米の件で問い合わせた時も、色々と流通の事まで教えてくれてw

大豆関連も、よくよく考えたら日本人である以上、醤油とか味噌とか、お米と同じぐらい一番摂取する食品じゃないか、と。
で、ここらへんは広島と関西の能勢だったかな、そこの店が安心出来そうなので買ってる。

そして、ふと思ったのが、最初は安全性を探し求めたわけですけど、探せば色々と見つかるわけで、そういう農家とかの商品って、大きな流通には乗れないような小規模なもので、だったら、こういう生産者を応援してもいいんじゃないかなー、と。

今は、安全性もさることながら、表舞台には出て来ない生産者を応援する意味でも、こういった買い物をしています。

実際、商品のクオリティは高いですしね。

以下、参考までに。

おしょうゆ、味噌。
http://www.rakuten.co.jp/adachi-jozo/

和歌山の野菜
http://www.rakuten.ne.jp/gold/ajisaku/

宮崎の野菜とお米
http://noka-direct.shop-pro.jp/

納豆、豆腐、こんにゃく、能勢の野菜
http://nankuruya.jp/shopping/

台湾のウーロン茶
http://www.chinatea.co.jp/
※台湾の残留農薬基準値がEU圏輸出可能で、日本より遥かに厳しいので買ってるw

P.S.
楽天が間にいるのが、非常に残念なんですけど(爆)

ま、この御時勢、何を気にして、どう考えるか、人それぞれ。